企業からのオファーを見逃さない! dodaキャンパス公式アプリ ダウンロード

【自分を見つめ直す時間を大切に】~23卒の先輩の就活体験記~

  • dodaキャンパス活用法
  • 2022.06.01

23卒の教育業界で内定を獲得した先輩の就職活動をご紹介。大学での勉強やアルバイトをガクチカとしてどのようにPRしたのか?など、dodaキャンパスのキャリアノートものぞいてみましょう!

学生時代に頑張ったこと(ガクチカ)

アルバイト

私が学生時代に力を入れたことは、アルバイトであるカフェの店舗運営です。特に、店舗の売上を向上させるということに力を注ぎました。 具体的には、「チーム全員で動くこと」と「リーダーシップを上手く活用すること」を意識しました。特に、リーダーシップについては、自分一人では難しかったため、周囲を巻き込みながら複数人のリーダー制度を採り、私自身はサポート役にまわるように調整しました。この結果、チームがまとまり、昨年度の同月売上比約53,700円の売上向上を達成。複数の人の力を活かす方法で、チームとして働くことができると考えるきっかけとなりました。

経験の記載内容

就活体験記

就活でやっておいて良かったことは何ですか?

一番は「自分がどんな人間でどんなことをしたいのかを考えること(自己分析)」を中心にしてよかったと思っています。そのために自分だけで振り返ることも大事にしましたが、「社会人との1:1の面談」を通して、社会人の方の言葉を受けながら自分の行動を振り返りました。

就活でこうしておけば良かった(後悔・反省)ことは何ですか?

正直、就職活動で反省していることは特にありません。強いて言うのであれば私の周りの人たちからの他己分析をしっかりしていれば、もっと自分の芯が強くなったかもしれないと思います。私が他己分析をする際によく行っていたのは社会人の方たちとの分析であり、よく知ってくれている周りの方からの印象などをしっかり分析する場面は少なかったようにも感じます。

オンライン就活での注意点やポイントは何ですか?

「リアクションを大きく取ること」と「笑顔」です。私の場合、リアクションが対面でも大きくなるため特別意識したわけではないのですが、グループディスカッションなどで相手が大きくリアクションを取ってくれていると自分自身も安心するため、恐らく面接してくださる方も同じだと感じます。
また、表情を豊かにすることにも注意しました。面談やインターンなどの際もよく笑顔について触れられたので、笑顔が得意だというだけで"武器"になると思います。

dodaキャンパス活用法

dodaキャンパスを使って良かった点は何ですか?

一番の大きな点は「自分の知る企業の幅が広がる」ということです。自分で企業を調べる際、どうしても知っている企業から調べてしまい、幅が広がり辛いのが実情だと感じます。その一方、企業側から逆求人のオファーをもらえることによって地域・業種などにとらわれない知識を得ることができました。

dodaキャンパスのプロフィールを記載する際に意識していたことは何ですか?

全てにおいて、自分らしさを「包み隠さずに」「恥ずかしがらずに」記載しました。特に、「写真は一番自分らしさが溢れているもの」を選びました。その意図は、"自分らしい写真”を選択することで見てくださる方に魅力を伝えることはもちろんですが、「印象と中身のギャップを生みにくい」と考えているからです。

プロフィール写真
自己PRの記載内容

後輩へのメッセージ

まず、この文章を読んでいる時点でとてもしっかり就職活動をしていると分かります。見ている方に一つアドバイスをするとしたら、「調べて情報を得ることも大事」だけれど、「自分は今まで何をしてきたのか」「何に楽しいと感じていたのか」など、自分を見つめ直す時間がとても重要であり、必要だと感じます。

私は友人に「自己分析は就職活動のときに一時的にするものではなく、人生において毎日するものだ」と言われ、その言葉に感銘を受けました。その言葉の意図は「一日一日で人のやりたいことは変化していくため、毎日自分のやりたいことを振り返る必要がある」というものでした。その通りだと感じますし、毎日はできなかったものの、自分がやりたいことを深く考えられるきっかけとなりました。

日々、自分がなんとなくしていることでも、意外と自分の長所である、それを分析していくことが仕事を見つける上でもとても大事な要素だと感じます。それができれば、あなたは敵なしです!必ず自分の納得できる就職活動になると思うので、ぜひ試してみてください。

無料

  • ▼ 自己分析に役立つ適性検査(GPS)
  • ▼ 自己PR添削
keyboard_arrow_up