企業からのオファーを見逃さない! dodaキャンパス公式アプリ ダウンロード

【例文つき】面接で「入社後にしたいこと」を質問されたときの答え方

  • 就活ノウハウ
  • 2019.12.04

「入社後、弊社でしたいことはありますか?」

この質問は、就職活動の面接でよく聞かれる質問のひとつです。みなさんはこの質問をされたとき、明確に答えることができるでしょうか? また企業はどのような意図があって、この質問をするのでしょうか?

この記事では、「入社後にしたいこと」を質問されたときの答え方と企業側の意図を解説します。

目次

    面接で「入社後にしたいこと」が聞かれる理由

    面接で「入社後にしたいこと」が聞かれる理由

    まず企業はなぜ「入社後にしたいこと」をみなさんに質問するのか、について解説します。目的は大きくわけると2つあります。

    ①事業内容や理念、ビジョンを理解できているか

    1つ目の目的は、学生が事業内容や理念、カルチャーなどを理解しているかどうかを探るためです。企業にとっても新卒採用は、次代を担う優秀な人材を確保するという重要な役割を担っています。企業のことをどのくらい理解したうえで応募してきたのか、を知ることで学生の本気度をうかがうことができます。

    また特にどの点に惹かれたのかを企業は知りたがっています。理念、サービス、カルチャー、給与、福利厚生、業界……さまざまな選択肢があるうえで「なぜうちを選んだのか?」が非常に重要です。

    極端な例ではありますが、「給与が高かったから」と答えると、他にもっと高い条件を出している企業があればそっちにいってしまうな、と誰もが考えます。企業もできるだけ長く働いてもらいたいと考えているため、自社で活躍できる人材かどうかを判断しています。

    ②自分のキャリア・未来を描けているか

    2つ目は、みなさんが実際に入社した後に、「目標を持って働けるビジョンが描けているかどうか」、またそれは「自社で可能かどうか」を判断するためです。

    つまり企業研究と自己分析をしっかりとおこなったうえで、企業と学生の相性をはかっているといってもいいでしょう。先輩や友人が面接で

    「●●さんは△△業界の方が活躍できるのでは?」

    と面接官から指摘されたという話は聞いたことはないでしょうか? 企業のことをよく理解しており、優秀な人材であっても「当社では●●さんの理想のキャリアは実現できないかも」と判断すると、面接官は正直に他社や他業界をすすめるケースもあります。

    この会社じゃないとダメな理由を聞かれている

    つまり「入社後にしたいことは」という質問は、みなさんの夢や目標を聞きたいのではなく、入社後のミスマッチを防ぐために「なぜ当社なのか?」をしっかりと把握するために聞かれることが多いのです。

    「入社後にしたいこと」の答え方、志望動機を事前に準備しよう

    「入社後にしたいこと」の答え方、志望動機を事前に準備しよう

    企業が質問する背景を理解したうえで、次にどのように答えるのが理想的なのか、ポイントを紹介します。

    ①結論を先に答える

    まず結論から述べることで、相手への印象も強くなり、伝わりやすくなります。面接では、簡潔に伝えることが重要なので、まずは結論ファーストで、その後はその理由や自分の強みを肉付けするとよいでしょう。

    ②具体的な事業・業務内容を交えて答える

    「入社後にしたいこと」を伝える際に、志望企業の具体的な事業内容や業務内容を交えるようにしましょう。「御社の企業理念に則り、お客様からの信頼を勝ち取れるようにしたい」「社会貢献をしたい」という抽象的な表現ですと、先述のように「当社じゃなくてもよいのでは?」と思われてしまいます。できるだけ具体的に答えられるように、事前にしっかりと志望動機を考えておきましょう。

    ③自分の強みをどう生かせるか、企業のメリットも含める

    「したいこと」に対して、自分がどのように貢献ができるのか、を伝えるようにしましょう。学生時代に学んだことや経験が、①と②で述べた具体的な業務内容と連動していると論理的になり、面接官の納得度も高いものになるでしょう。「入社後にしたいこと」(Will)、「自分の強み」(Can)、「志望企業の業務内容」(Must)が明確になることで、企業へ「当社に必要な人材」という印象を与えられるはずです。

    ◎【記入シート例付き】悩める就活生必見!自己分析は「WILL、CAN、MUST」の3軸から考えよう

    ④5W1Hを意識する

    「5W1H」とは、「Why(誰が)」「When(いつ)」「Where(どこで)」「What(なにを)」「Why(なぜ)」「How(どのように)」を意識して、話したり、記述することで、ビジネスの基本とも言われています。「5W1H」を意識することで、「入社後にしたいこと」に限らず、より明確に先方に伝えることができます。就職活動全般で必要となるので、日頃から意識しておきましょう。

    「入社後にしたいこと」の回答と注意点を例文に沿って解説

    「入社後にしたいこと」の回答と注意点を例文に沿って解説

    では、次に「入社後にしたいこと」の回答例を業界・業種別にいくつか紹介します。

    営業職の例

    私は営業職を希望しており、特に●●業界を新規開拓していきたいと思います。なぜなら、御社のサービスである□□□は、昨今のデジタルトランスフォーメーションの影響により、●●業界でも需要が非常に高くなっています。御社の商材と●●業界を結びつけることで、社会や生活者にも大きな価値を提供できると思っています。

    私は大学時代に接客のアルバイトをし、サークルの部長としてメンバーとのコミュニケーションを重ねてきました。また大学では統計学を専門としていました。コミュニケーション能力と数字を背景とした提案力で御社の新規開拓に貢献したいと思っています。

    徹底解説!営業職の仕事内容や志望動機、おすすめの資格とは?

    事務職の例

    私は事務職として、御社のみなさんの満足度が高く、効率よく成果をあげられるようにサポートしていきたいです。

    私は大学時代にインターンで在庫管理のアシスタントを経験しました。目立つ業務ではありませんでしたが、組織を効率よく機能させるために細かい管理業務は非常にやりがいを感じました。また自分のスキルを向上させるためExcelの資格も取得しました。

    事務職は裏方ではありますが、企業にとって必要不可欠な存在です。人手不足が叫ばれるなか、従業員が安心して成果を出せる組織をつくることが、企業の成長実現の要になると思っています。

    企業の強みと自分の強みや経験が具体的されているため、「この会社である理由」がしっかりアピールされています。また「デジタルトランスフォーメーション」「人手不足」などの時事性を含んだキーワードもあり、より好印象です。

    不動産業界の例

    私は不動産の仕事を通じて、より多くの人に快適で安心できる生活空間を提供したいと思っています。

    私は、父が転勤族であったため、引っ越しを繰り返しており、人一倍住宅には関心がありました。小さい頃は新聞のチラシのマンションの間取り図を見るのが大好きでした。また大学入学と同時にひとり暮らしを始め、土地勘がわからない不安な状態でしたが、不動産会社の方の親切な対応で安心できた経験があります。

    まだ実践的な知識や経験はありませんが、不動産や住宅に対する愛は誰にも負けません。御社の強みである、お客様個別のニーズに合わせた最適な住宅の提供を通じて、満足度の高いサービスに邁進したいと思っています。

    【就活生必見!】不動産業界を徹底研究!仕事内容に加え、今後の動向やトレンドを押さえよう

    メディア業界の例

    私は、世の中に知られていない面白いヒト、コト、モノに陽が当たるように取材をし、情報を世界に届けたいと思っています。

    私は大学の新聞部に所属していました。そのときに注目を浴びているスポーツや、毎日努力をしている方、好成績を収めている方がいることを知りました。そのとき、もっと注目を浴びてほしい学生の企画を出し、何度も紙面にしていきました。

    これまでは学校の中が対象でしたが、世界中の知られざる事実や人物に焦点を当てて、世の中に知ってもらえるように日々研鑽していきたいと思います。

    上記のようにその業界をしっかりと分析した上で、自分の強みをどう生かせるか。そして、どういう貢献がしたいかを明確にしましょう。自分の経験を語るにせよ、まだまだ即戦力ではないので謙虚に述べることが肝要です。

    「入社後にしたいこと」のNG例と注意点

    「入社後にしたいこと」のNG例と注意点

    では、次に「入社後にしたいこと」のNG例や注意点を紹介します。

    目標が低い・具体性がない

    自分の強みと企業の強みを生かして、どのようなことを成し遂げたいのか、を聞かれているので、当たり前のことや低い目標を答えてしまうと成長意欲がない、と判断されてしまいます。

    NG例①

    私はまず営業の基本をしっかりとみにつけ、お客様の課題を解決できるようになりたいです。私は大学時代に接客業のアルバイトをしていたため、コミュニケーション能力には自信があります。このコミュニケーション能力を生かして、営業部を引っ張れるような存在になりたいと思います。

    営業として必ずみにつけてほしい当たり前のことしか答えていません。また経験や強みの具体性にも乏しく抽象的なため、マイナスの印象を与えてしまいますし、「当社じゃないとダメ」というポイントが希薄です。

    ネガティブな表現の使用

    ありがちな失敗に、意図せずネガティブな表現をしてしまう例があります。下記を見てみましょう。

    NG例②

    私は事務職として、みなさんが働きやすいようにサポートをしたいです。私は人とのコミュニケーションが苦手ですが、ひとつの作業を集中しておこなうことは得意だからです。事務職でしっかりと与えられた業務をこなして、組織が効率的に回るようにしたいと考えています。

    自分の強みやしたいことを答えるのに、「コミュニケーションが苦手」「与えられた業務をこなす」という表現はいりません。コミュニケーション能力はどんな業種にでも必要になりますし、このような答え方をしてしまうと、消去法で事務職を選んだように受け取られます。与えられた業務を完遂するのは当たり前のことです。あえて強調して言う必要はありません。

    就活対策がオンラインで無料受講できる

    「入社後にしたいこと」の答え方、例文、注意点を解説しました。「入社後にしたいこと」は少し未来の話になりますが、自己分析と企業研究をしっかりとおこなうと、自ずと答えは見えてきます。この2つを重点的におこなうことで、就職活動の軸ができ、どのような質問にも答えられるようになるはずです。

    dodaキャンパスは、6200社以上の企業からインターンシップや採用選考の特別なオファーが届く逆求人型の就活支援サービスです。 企業からオファーをもらうことで、業界研究や企業研究にもつながり、自分1人では気づかなかった優良企業に出会える機会も!


    選考対策ができるイベントも随時開催していますので、ぜひ参加してみてください!



    さらに、無料イベントに参加して理解を深めよう! 無料イベントに参加しよう!(会員限定)

    keyboard_arrow_up