企業からのオファーを見逃さない! dodaキャンパス公式アプリ ダウンロード

<2024年卒版>大学生活に関する2021年4月調査結果を公開

  • 大学1,2年生
  • 2021.05.28

今年も昨年に引き続き、オンライン授業が継続されたり、部活・サークルなどの活動が制限されたりと、新型コロナウイルスの影響を受けている方が多いかと思います。

今回、dodaキャンパスでは、みなさんの大学生活や今後のキャリアに関する調査を行いました。 これまでの大学生活の過ごし方を振り返ったり、今後の過ごし方を考えるきっかけにしていただければ幸いです。

目次

    調査結果の詳細

    【調査概要】

    ・調査対象:2024年卒dodaキャンパス会員
    ・調査方法:インターネット調査(登録メールへのアンケート通知)
    ・回答期間:2020年4月18日(日)~25日(日)
    ・回答者数:611人(文系342人、理工系112人、生物系52人、文理総合系57人、その他48人)

    Q1 大学入学後に、入学前のイメージとのギャップを感じましたか。

    大学入学前と「ギャップを感じた」「少しギャップを感じた」と回答した学生は54%。昨年、2020年3月の調査と同様に約半分の学生がギャップを感じたと回答。

    ギャップを感じた理由としては、「レポートや課題が想像以上に多い。思っていたより忙しい」といった課題に関する回答が最も多かった。
    次いで「留学ができない」「大学へ行けない、人とのコミュニケーションが少ない」といったコロナウィルスの影響による回答。 その他、「自分の学びたいことがあまり学べない」「教養科目の比重が多い」などといった授業に関する回答もあった。

    Q2 今までの大学生活の満足度は、100点満点中何点ですか。

    大学生活の満足度として、100点満点中「70点」という回答が最多で約14%。

    満足度の点数を付けた理由は、「コロナによる入学式等イベント機会の損失」「友だちができない・会えない」「対面授業ばかりでキャンパスライフを楽しめていない」というネガティブな意見が多かった。
    反対に、「興味のある分野を学べていて楽しい」「通学しない分自由に時間を使えていて不満は無い」などコロナ禍とうまくつきあっている学生の意見もあった。

    2020年3月の調査では、「80点」という回答が最多で約18%。オンライン授業が導入される直前の時期であり、大学に通えていたことが理由の1つとして推測される。

    また、今までの大学生活を通じて、「もっとこうしておけばよかった」と後悔を感じていることとしては、長期を休みや隙間時間を活用して、「読書」「TOEICなど英語の勉強」「資格の勉強」などを行っておけば良かったという回答が最も多かった。

    Q3 高校生のとき「将来やりたい仕事」があって今の大学の専攻を選びましたか。

    「やりたいと思っていた仕事に就くのに役立ちそうな専攻を選んだ」学生が54%と最多。 「将来やりたい仕事はあったが、専攻を選ぶのとは関係なかった」と回答した学生が11%と、大学入学前に将来やりたいことが決まっていた学生は6割ほどであった。
    「明確にやりたい仕事はなかった」と回答した学生も35%と一定数いることが見受けられる。

    尚、学問系統別では、理工系や生物系の学生は、文系の学生より早い段階から将来やりたい仕事が明確である傾向が伺える。 学問系統で「その他」に属する方は、医療系や芸術系など、専門的な学部、学科に所属している学生である。そのため、やりたいことが明確である学生の割合が高い結果となった。

    Q4 大学卒業後に自分が就きたい仕事やキャリアの方向性は決まっていますか。

    大学卒業後に自分が就きたい仕事やキャリアの方向性が「具体的に決まっている」「どちらかといえば決まっている」と回答した学生は約54%。

    決まっていると回答した学生のうち、キャリアの方向性が決まったきっかけとしては、Q3のように「大学生になる前からの夢」というのが最多であったが、 次いで多かった回答が、「大学の授業で興味を持ち将来の仕事を決めた」という大学の授業がきっかけに関する回答。回答した学生の約18%を占めた。
    また、インターンシップの参加がきっかけになったという回答も見受けられた。

    Q5 就職活動のための準備として、何か始めていますか。

    「既に始めている」「そろそろ始めようと思っている」と回答した学生は40%。一方でほぼ同数の42%は、いつかやると思うがまだ早いと思っていると回答。

    始めていると回答した学生が行っていることとして、「TOEICの勉強」「就活サイトへの登録」「資格の勉強」「インターンシップの情報収集・応募」といった回答が多く見受けられた。
    学内セミナーに積極的に参加したり、就活サイトに登録し自己PR を書く練習をし自己分析を進めていると回答した学生もいた。

    今後の大学生活をより良いものにするために

    みなさんの大学生活の後押しとなるよう、dodaキャンパスでは様々なコンテンツを用意しています。ぜひご活用ください。

    1)dodaキャンパスゼミ

    dodaキャンパスでは、大学以外の新しい学びの場として「dodaキャンパスゼミ」という無料のオンラインイベントを開催しています。 様々なイベントを開催していますので、気になるイベントはぜひ参加してみてください。

    イベント情報はこちらからも確認できます。

    2)「まなぶ」と「はたらく」をつなぐ先輩インタビュー

    「大学での学びが社会にどうように役立つのか」を、様々な分野で働く社会人の先輩にインタビューしました。下記の記事にまとめていますので、今後の大学生活の過ごし方を考える際にお役立てください。

    若手社会人インタビュー動画!今の仕事につながる学生時代の学びとは?

    まなぶとはたらくをつなぐ!先輩インタビュー  ONE JAPAN × dodaキャンパス

    keyboard_arrow_up