企業からのオファーを見逃さない! dodaキャンパス公式アプリ ダウンロード
  • トップ
  • 就活ノウハウ
  • 【例文つき】就活で「趣味・特技」に悩んだら?面接官の目に留まるESを書くコツ

【例文つき】就活で「趣味・特技」に悩んだら?面接官の目に留まるESを書くコツ

  • 就活ノウハウ
  • 2020.05.01

就活では、企業にどれだけ自分を知ってもらえるかが非常に重要です。ほとんどのエントリーシートや面接で問われる「趣味・特技」は、“自分らしさ”をアピールできる数少ないチャンス。


しかし、特定の趣味や特技がなかったり、どのようにアピールすればいいかわからなかったりなど、エントリーシートの作成に困っている就活生もいるでしょう。今回は、エントリーシートや面接で、企業に好印象を与える「趣味・特技」の書き方を、例文を添えてご紹介します。


【目次】


「趣味・特技」はなぜ必要?企業が見ているのは「人柄」と「適性」

なぜ、企業は「趣味・特技」の記入欄をESに盛り込んでいるのでしょうか。仕事と関係のないプライベート面を聞く大きな目的は、応募者の人柄を知り、社風や仕事内容にフィットするかどうかを見極めるため。ですので、自分がどんなタイプの人に見られるのか、企業側の視点で受け取られる印象について想像することが必要になってきます。


就活生にとって、企業の人事担当者が「趣味・特技」を通じて知りたい内容を正しく理解することは、良いエントリーシートを書くための第一歩です。そこで、企業の担当者が「趣味・特技」を重視している理由を具体的にご紹介します。



エントリーシートは就活生の人柄を知る「手がかり」

面接で直接顔を合わせるまで、企業の担当者が応募者について知る方法は、エントリーシートしかありません。


そのため担当者は、応募者がどんな人なのか、会社に適性があるかをエントリーシートの情報だけで見極める必要があります。


応募者の仕事に対する姿勢は社会活動から、人柄はプライベートから読み取れます。スポーツが趣味であれば「体力や粘り強さがあるかも」、音楽や絵が得意であれば、「クリエイティブな仕事に向いているかも」といった推測が可能です。


また、応募者が趣味や特技を通じて学んだことをどう仕事に活かせるのか、という点を伝えられれば、担当者にプラスの印象を与えられます。たとえば、「バイクのツーリングを通じて、集団で動く際の、リスクマネージメントを学んだ」などと伝えることで、趣味を仕事に活かせる人だ、というアピールになります。


このように、企業の担当者にとって「趣味・特技」は必要不可欠な情報なのです。


しかし、仕事に関連する趣味や特技がなくても、マイナスになることはありません。自分の考えをしっかりと述べられる人は好印象を与えられるため、仕事と直接関係がない趣味や特技でも自信を持って記入しましょう。



面接時の話題のきっかけになる

エントリーシートは人事担当者だけでなく、面接官も確認する書類。書類選考後の面接には、人事担当者だけでなく、現場で働く社員の方が同席するケースもあります。面接に同席した方も、エントリーシートを参考にしながら質問するのが一般的です。


趣味は話のきっかけになりやすく、特に質問されやすい項目。面接官は質問の受け答えを通じて応募者の人柄や考え方を知るため、嘘の趣味を書いたりせず、きちんと答えられる趣味を記載しましょう。



簡潔かつ具体的に。企業の目に留まる「趣味・特技」の書き方

趣味・特技欄に対して企業が求めている内容がわかっても、それを上手に伝えられなければ内定にはつながりません。次は、自分の趣味や特技を好印象に伝える書き方をご紹介します。



数字や5W1Hを意識して「自分だけの」具体的なエピソードを書く

人柄を伝えるための趣味・特技欄であっても、エントリーシートを書く目的は、「自分をアピールすること」です。自分のアピールポイントを文章にするときは、「いつ、どこで、なにを」といった5W1Hに注意しながら整理すると、具体的なエピソードに落とし込めます。


×例文

私の趣味は旅行で、たくさんの国に行きました。

◯例文

私の趣味は海外旅行です。大学3年次の春休みに2ヶ月間で東南アジアを5ヶ国まわり、現地の貧しい人たちの暮らしや価値観を学んできました。

なにを学び、どう成長したのか簡潔に表現する

企業にとって、応募者の「趣味・特技」そのものは重要ではありません。企業は、応募者が「どんな人なのか」を知りたがっています。5W1Hを意識したエピソードを書くだけでは、自分の人柄を伝えるには不十分。このエピソードを通じて得た学びや、どのように成長にしたのかを記述することで、自身の人柄をより伝えられる文章になります。


自分を客観視しながら、そのときの体験や考えを上手に表現できるかも問われています。文章で伝えるのが上手い人は、コミュニケーション能力が高いとも考えられるからです。そのため、「誤字脱字をしない」「丁寧語や文語に統一する」といった基本を意識しながら、趣味にまつわるエピソードを丁寧に書いていきましょう。



×例文

私の趣味は海外旅行です。大学3年次の春休みに2ヶ月間で東南アジアを5ヶ国まわり、現地の暮らしや価値観を学んできました。

◯例文

私の趣味は海外旅行です。大学3年次の春休みに2ヶ月間で東南アジアを5ヶ国まわり、現地の貧しい人たちの暮らしや価値観を学んできました。この体験を通じて、心配事が多く、マイナス思考になりがちだった自分を払拭し、新しい挑戦に対して前向きに取り組めるようになりました。

見やすさと読みやすさへの配慮。見出しと説明文を明確に分ける

多くのエントリーシートに「趣味・特技」の記入欄はあるものの、書き方について規定があるケースはほとんどありません。書き方を少しだけ工夫するだけで、ほかの応募者と差をつけられます。「趣味・特技」の文章を「要点をまとめた見出し」と「説明文」に分けて書くと、伝わりやすい文章になります。


要点をまとめるスキルがあることや、読み手に配慮できることも示せるため、ぜひ実践してみてください。


×例文

私の趣味は海外旅行です。大学3年次の春休みに2ヶ月間で東南アジアを5ヶ国まわり、現地の貧しい人たちの暮らしや価値観を学んできました。この体験を通じて、心配事が多く、マイナス思考になりがちだった自分を払拭し、新しい挑戦に対して前向きに取り組めるようになりました。

◯例文

『挑戦できることを最大限楽しむ。東南アジアの貧困街で得た学び』

大学3年次の春休みに2ヶ月間で東南アジアを5ヶ国まわり、現地の貧しい人たちの暮らしや価値観を学んできました。劣悪な環境にも関わらず、ひたむきに頑張っている現地の方々の姿に感動し、また実際に自分も体験することで、心配事が多く、マイナス思考になりがちだった自分を払拭し、新しい挑戦に対して前向きに取り組めるようになりました。

読書や映画鑑賞はアリ?趣味がないときの考え方や避けたほうがよい趣味

「ほかの人と差別化できるような趣味がない」「大会での受賞経験など、具体的な成績を話せる特技がない」と考えている人もいるかもしれません。


しかし最も重要なのは、「どんな趣味・特技を持っているか」「どんな成績を持っているか」ではなく、「どんな人なのかを伝えること」です。


趣味や特技の「どんなところが好きなのか、なぜ好きなのか」や、「いつどんな体験をして、なにを学んだのか」を伝えられれば、企業に自分の人柄をアピールできます。読書や映画鑑賞といったほかの人との差別化が難しい趣味でも、こうした点を押さえれば「自分らしさ」のある文章になるはずです。


読書

『客観的に考える大切さを知る。読書会を定期的に主催』

所属していた読書サークルで、2ヶ月毎に読書会を主催していました。参加者と議論を重ね、自分だけでは気づかない発見ができたり、作品をより深く理解できたりしました。読書会を通して、異なる視点を柔軟に取り入れ、客観的に考える大切さを学びました。

映画鑑賞

『物事を知るために自ら行動する。毎月10本以上観る映画から教わったこと』

好きな作品を見つけたときは、作品の制作背景や演出、音楽やロケ地といった情報を徹底的にリサーチして、作品の理解を深めています。実際に、ヨーロッパのロケ地まで足を運んだこともあるほどです。物事を理解するためには、適格なリサーチ力と、自ら体験することが重要なことを学びました。

スポーツ

『インプットの時間も作る。大学4年間休みゼロを実現した体力と知識』

大学生活中、部活と講義の両方で無遅刻無欠席を達成しました。これを達成できたのは、サッカー部による体作りだけでなく、食べ物や栄養についての知識を自らインプットしていたからです。目標達成のためには、体を動かすアウトプットと、知識のインプット両方が重要であることがわかりました。

趣味がないときどうする?いつもの作業を書き出したり、周りの人に協力してもらう

エントリーシートに記載する趣味が思いつかない場合、自分が休日にしていることや、日常的に行っている作業を書き出してみましょう。ショッピングが好きな人は、お金のやりくりが得意とも言えます。家事や料理をしているのであれば、作業の効率化を意識しているはずです。自分にとっては当たり前の作業が、ほかの人にとっては強みになっていることも多くあります。


自分で考えるのが難しければ、友人や家族に協力してもらう方法もあります。自分がどんな人なのか、どんなときに楽しそうなのかを、客観的な視点から教えてもらうことで、自分では気づかなかった趣味や特技が見つかるでしょう。


志望業界によっては注意が必要な趣味

「趣味・特技」は応募者の人柄を知るための項目のため、できるだけ嘘偽りなく、自分の好きなことを書いたほうが、プラスの印象を与えられます。一方で、業界によっては「趣味・特技」として記載するのは控えたほうがいい趣味もあります。その一例を以下でご紹介します。


ギャンブル系(パチンコ、スロットなど)

競輪や競馬、競艇といった、公的に認められているものであっても、「ギャンブル要素」のある趣味や特技は、人事担当者に「お金にルーズ」といったネガティブな印象を与える傾向があります。志望企業の業務内容に関係がない場合、記載は避けたほうがよいでしょう。



宗教や政治にかかわるもの

企業は、宗教や政治観で内定を出すわけではありません。宗教や政治観を押し出した趣味や特技は、価値観の押しつけに捉えられる可能性もあるため、書き方に注意が必要です。しかし、宗教がかかわっていても、「座禅」や「ゴスペル」といった世俗的な趣味であれば、ネガティブな印象を抱く人は少ないでしょう。



ゲームやアニメ、漫画

近年、ゲームやアニメ、漫画は、過去と比べると一般的に受け入れられていますが、依然としてネガティブなイメージを抱いている人も少なくありません。こちらも関連する志望企業でない限りは避けたほうがよいでしょう。しかし、企業は「趣味・特技そのもの」で評価するわけではないため、どんな体験や成長があったのかを上手に伝えられれば問題ありません。



嘘の趣味や特技

企業にあわせて嘘の趣味や特技を記載することはオススメできません。面接官は多くの就活生を見てきているプロです。最悪の場合、面接の応答で嘘の趣味だとバレてしまう可能性もあります。志望企業に合わせた趣味・特技を無理にひねり出す必要はありません。自分の趣味や特技に自信を持って記入しましょう



特になし、空欄

「趣味・特技」の欄は、自分の人柄をアピールできる数少ないチャンス。ほかの応募者は、この項目で積極的にアピールしているため、相対的に評価が下がってしまいます。また、空欄が多いと「志望度が低い」という印象を企業に与えてしまいかねません。自己分析や企業分析を行い、これまでにご紹介したポイントを参考にしながら、「趣味・特技」の欄を記入していきましょう。



「趣味・特技」こそ、自分らしさを伝えられる項目!

趣味や特技が全くない人はいません。自分で納得できていない、もしくは表現できないだけです。絶対に受かるエントリーシートの書き方はありませんが、「自分らしさ」を上手に伝えられるエントリーシートを目指せば内定獲得もできるはず。


これまでにご紹介してきた「趣味・特技欄が必要な理由」や「企業の目に留まる書き方」、「避けたほうがいい趣味」などを参考に、エントリーシートを記入してみてください。


趣味を楽しみ、自身の成長に活かしている姿は、 “魅力的な学生”だと面接官の目に映るはずです。



dodaキャンパスのプロフィールの経験に入力して企業からオファーをもらう

keyboard_arrow_up