企業からのオファーを見逃さない! dodaキャンパス公式アプリ ダウンロード

逆求人のススメ

逆求人とは?逆求人の意味や仕組み、利用するメリット

大変な就職活動を早々に切り上げたいと願う人たちの中で、今話題なのが「逆求人」です。逆求人は、人材を欲しがっている企業が就活生にダイレクトにコンタクトする仕組みです。逆求人は、新卒採用やインターンシップ募集などにも使われる新型の求人方法として、近年、就活生・企業ともに利用数を伸ばしています。

そこで今回は、逆求人の概要や、逆求人を活用するメリットについてご紹介します。

逆求人とは?

逆求人とは、ダイレクト・リクルーティングの一種。企業が求人募集をかけて、その求人に対して学生が応募する従来型の就活スタイルとは異なります。学生が逆求人サイトなどを通して自分の強みや経験といったプロフィールを載せて、それを見た企業から学生にアプローチを行うスタイルです。

現在は需要と供給の関係で、新卒採用は超売り手市場となっています。求人サイトで募集をかけても、学生からの応募や問い合わせが十分に得られない企業も増えています。そのような背景もあり、企業が自社にマッチした優秀な学生に直接アプローチする手段として、逆求人は生まれました。

採用意欲の高い企業と、まだ見ぬ企業との出会いを求めている学生、双方のニーズを満たす新しい就活スタイル。それが逆求人だと言えます。

 

就活生が逆求人を活用するメリットとは?

従来型の就活スタイルにはない、さまざまなメリットが逆求人にはあります。ここでは、逆求人のメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

まだ見ぬ企業との出会いがある

逆求人を活用することで、意外な企業からオファーが来る可能性があります。自分の狭い視野だけで応募先企業を選んでいたときには出会えなかった企業とマッチングすることも多いでしょう。

社会経験のない学生が、自分に本当に適した企業を見つけ出すのは難しいと言えます。偏った業界研究や企業研究、自己分析によって、「自分に向いているのはこの業界(企業)しかない」と思い込み、客観的な視点が持てなくなっている可能性もあるでしょう。

もちろん、応募先を絞ることが一概に悪いとは言えませんが、まずは志望業界や志望企業を絞らずに、視野を広くしていろいろな企業を見ることも大切ではないでしょうか?逆求人を利用することは、そのための最適な手段だと言えます。

 

自己発見や自己成長の機会が生まれる

逆求人サイトでは、有給の長期インターンシップや就活イベントのオファーが届く場合も。自分を成長させる機会が多く生まれるので、就活や将来のキャリア形成に向けて早くから準備をしたい学生に、うってつけだと言えるでしょう。

インターンシップやさまざまなイベントに参加することで、これまで見えてこなかった自分の価値観やビジネスにおける強みや弱みに気づいたり、仕事の厳しさだけでなく楽しさや喜び、やりがいを見出したり……。

本格的に就活がスタートする前に、こういった自己発見や自己成長の機会を持てるのは貴重でしょう。

 

自己分析の機会にもなる

オファーが来るか来ないかは、プロフィールで自分の魅力を表現し、それが企業に評価されたか否かを判断する材料になります。魅力的なプロフィールは、過去の経験の棚卸しができていないと入力できません。逆求人サイトでプロフィールを作り込む過程で、自ずと自己分析も行うことになるので、自分自身の強みや弱み、価値観、アピールポイントを知る良い機会になるでしょう。

 

企業が逆求人を利用するメリットは?

ここまでは就活生にとってのメリットを見てきましたが、企業にとってはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

意欲の高い学生にアプローチできる

逆求人サイトに登録する就活生は、自分の魅力や能力を企業に売り込もうという意欲が高い傾向にあります。そのような意欲の高い学生に対して積極的にアプローチできる逆求人は、優秀な人材を求める企業にとっても魅力的に映ります。

 

自社を知らない学生に対してもアプローチできる

従来の就活スタイルでは、自社に興味を持ってエントリーしてきた学生にしかアプローチできませんでした。しかし、自社のことを知らない学生の中にも、優秀な学生が多くいるのも事実です。逆求人を使うことで、自社のことを知らないが採用要件を満たしてる優秀な学生にアプローチできるメリットがあります。

 

どうやってオファーをもらえばいいのか?

逆求人は就活生にとって魅力的なシステムですが、ただ単に企業からオファーが来るのを待っているだけでは、良い成果は生まれないでしょう。たしかに「攻め」ではなく「待ち」の戦略を採ることになるのですが、ここで大事なのが、いかにして企業からのオファーをもらえる確率を上げるのか、ということです。

そのためには、魅力的なプロフィールを作成する必要があります。企業の採用担当者は、あなたのプロフィールを見て「自社にマッチしているかどうか」「ウチで活躍できそうなスキルや経験、ポテンシャルがあるかどうか」を判断しています。

ですから、オファーがもらえるかどうかは、プロフィールの充実度に左右されると言えるでしょう。ここでは、採用担当者の興味や期待を引き出すプロフィールの作成方法をお伝えします。

 

あなたの人柄が伝わる写真を用意する

履歴書やエントリーシートに使うような証明写真である必要は必ずしもありません。あなたの人柄や雰囲気が伝わるような写真を選ぶといいでしょう。ただし、以下のような写真を使うのは避けたほうが無難です。

・清潔感がない(服装がだらしない、髪がボサボサ)
・表情が暗い、元気がない
・集合写真などで、他人の顔も写っている
・引きすぎていて顔が判別できない

 

魅力的な自己PRを用意する

自己PRは、あなたのプロフィールを読む企業担当者が最も注目する部分だと言えます。ここで魅力的なアピールができなければ、オファーが届く確率は大きく下がってしまうでしょう。

魅力的なアピールとは、「あなたの強みとその根拠」が明確に伝わる文章を書く、ということ。オファーを出す採用担当者が知りたいのは、「この学生の強みは何か?」「ウチの業務でも活かせる強みを持っているか?」という点ではないでしょうか。であれば、自分の強みを端的に伝えることが大切だと言えます。

ポイントは、冒頭で単刀直入に「私の強みは◯◯や◯◯です」と伝えることです。自己PR欄をパッと見たときに、すぐに強みがわからないと、それ以上続きを読んでもらえずにプロフィールページを去られてしまう恐れがあるからです。

「すべてじっくり目を通してもらえるはず」という意識は捨てて、「そもそも読まれない」という前提に立って、結論から書き出す癖をつけるといいでしょう。

冒頭で自分の強みを伝えたあとは、その強みの根拠となる過去のエピソードを詳細に書いていきましょう。どのような経験をして、そこでの課題はどういったものがあって、それを乗り越えるためにどんな行動を取ってきたのか……。

その具体的なエピソードを語ることで、「なるほど、だからその強みが身についたのか」と、納得してもらうことができるでしょう。

では、自己PRの例文を一つ、挙げてみましょう。

【強みが伝わる自己PRの例文】
私の強みは、課題を見つけ、それを改善するための方法を考案して実行できることです。
→冒頭で強みを単刀直入に伝えることが重要

私は、体育会ラクロス部のキャプテンとして活動していました。私の大学のラクロス部は特に強豪というわけではなく、大会に出場しても初戦敗退することがほとんどでした。部員のモチベーションも下がり続けていて、練習の雰囲気も活気があるものではありませんでした。この状況に問題意識を感じ、早急に対策を練りました。そこで気づいたのは、練習方法の体系化ができておらず、技術が向上するような効果的な練習がまったくできていなかった、という点です。そこで私は、日々の練習項目を一つひとつリストアップし、技術向上にすぐに役立つものだけを厳選して、練習メニューを組み直しました。そして部員一人ひとりに新しい練習メニューの目的やメリットを説明していきました。その結果、約半年で部員の技術レベルは著しく向上。練習へのモチベーションも上がり、部の雰囲気も活気が溢れるようになりました。
→どのような課題に直面して、どのような対策を練り、その結果どうなったのか、というストーリーを具体的に書くことがポイント

仕事においては、さまざまな課題に直面することがあるかと思います。そのようなときでも、ラクロス部での経験を活かして、課題解決のための方法を模索して実行していければと考えています。
→強みを仕事にどう活かすのかという視点を書いて締める

関連記事:
噂の逆求人とは?新卒の逆求人サイトとオファーがくる自己PRについて解説

 

まとめ

逆求人は近年注目を集めている、新しい就活スタイルです。従来型の就活スタイルにはない、多くの魅力がある逆求人は、自分を売り込む意欲のある学生にとって大きなメリットがあります。興味を持った方は、逆求人サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?
【dodaキャンパス】新卒向け逆求人・オファー型就活支援サイト

dodaキャンパス

あなたの経験に
「特別オファー」が届く
ベネッセの就活支援サービスを
始めませんか?

大手企業・優良企業はじめ4,000社以上がオファー中!

dodaキャンパス会員登録

大手企業・優良企業はじめ
4,000社以上がオファー中!

関連記事

ページトップへ