企業からのオファーを見逃さない! dodaキャンパス公式アプリ ダウンロード

【例文付】面接で「長所・短所」を聞かれた際のポイントとは

  • 就活ノウハウ
  • 2022.11.25

「長所・短所は何ですか?」という質問は、就活の面接で必ず聞かれます。一見、シンプルな質問に思えますが、実はしっくりくる答えを見つけるのが難しい質問です。そもそも「自分の長所・短所が分からない・・・」という人も少なくありません。また、長所・短所はいくつか思い浮かぶけど、面接で答えるべきなのはどれなのか?と悩んでいる人もいるでしょう。

今回は、面接で長所・短所を聞かれる理由や、長所・短所の選び方、答え方などについて解説していきましょう。

目次

    新卒採用の面接で長所・短所を聞かれる理由

    面接官は様々な質問を通して、応募者が自社の求める人材に合致するかどうかを知ろうとしています。長所・短所を聞くのは、単に強みと弱みを把握したいからではありません。長所・短所の回答から、「きちんと自己分析できているか?」「自社の社風とマッチするか?」といったところまで見られていると考えましょう。

    客観的に自己分析できているか?

    自分の長所に気付いていない人は、仕事をするうえでも最大のパフォーマンスを発揮することができません。自分の短所に気付いていない人は、当然その弱みを克服することはできません。

    逆に、自分の長所を理解している人は能力を最大限に活かして活躍のフィールドを広げられます。自分の短所を理解している人は、自ら克服に努められますし、チームのメンバーとカバーし合うこともできるでしょう。面接官からすると、客観的に自己分析できる人は「組織のなかで自分の役割をしっかり果たせる人」だと判断できます。

    自己分析が十分にできていないと感じる方は、自己理解を深める「自己分析ワークシート」がおすすめ。無料でダウンロードできるので、活用して客観的に自己分析を行いましょう。

    自社の社風とマッチしているか?

    どれだけ優秀でポテンシャルの高い人でも、性格的に会社の社風とマッチしなければ早期退職につながってしまうかもしれません。それゆえ面接官は、長所・短所の質問から応募者の性格を把握し、自社の社風に合っているかどうかを見極めようとします。面接官が、今いる社員たちと一緒にあなたが生き生きと働いている姿をイメージできれば、次のステップに進みやすくなるはずです。

    自己分析をするなかで、いくつかの長所・短所が見えてくると思います。面接で回答する際は、その企業とのマッチング度が高そうなものを選ぶのがいいでしょう。

    長所・短所の見つけ方や言い換え

    就活のタイミングで初めて、自分の長所・短所を意識する方も多くいます。「長所・短所が分からない・・・」という人も少なくないでしょう。そこで、長所・短所の見つけ方としておすすめの方法をご紹介します。

    成功体験・失敗体験を思い返してみる

    過去のエピソードから、長所・短所を導いていく方法があります。まずは、過去の成功体験・失敗体験を思い返してみて、「なぜ成功したのか?」「なぜ失敗したのか?」といった理由を分析してみましょう。そうすることで、自分の強みや足りないものが見えてきます。

    他人に自分の長所・短所を聞いてみる

    自分で長所・短所を考えていると、客観性に欠けた捉え方をしてしまうことがあります。それを避けるのにおすすめの方法が「他己分析」です。

    他己分析とは、友人や先輩・後輩、家族などの第三者にあなたの性格や特徴などを分析してもらうこと。他己分析によって、「自分が他者からどう見られているか」を把握することができます。自分ではまったく気付いていない長所・短所が見えてくることも少なくありません。

    短所から長所を導き出す

    長所と短所は、実は表裏一体の関係にあることが多々あります。たとえば、あなたが「我が強いこと」を短所と捉えていたとします。ですが、その我の強さはリーダーシップという形で発揮されることもあるはずです。そして、「リーダーシップがある」というのは立派な長所になるわけです。

    このように、見方を変えることで短所から長所を導き出せることがあります。自分の短所を把握できているのであれば、その短所は「良く言えばどういうことなのか?」を考えてみましょう。この方法で導き出した長所は短所と矛盾しないため、面接官も納得感も深まるはずです。

    短所を長所に言い換える際、よくある例は以下のとおりです。

    無料

    • ▼ 自己分析に役立つ適性検査(GPS)
    • ▼ 自己PR添削
    keyboard_arrow_up