企業からのオファーを見逃さない! dodaキャンパス公式アプリ ダウンロード

企業研究のやり方を分かりやすく解説!就活や面接に使える企業研究の基本

  • 就活ノウハウ
  • 2020.09.28

就活で陥りやすいのが、「なぜこの企業を受けるのか分からないけれど、なんとなく受けている」という状況です。特に数十社受けていると、他の企業との差が分かりにくくなってしまいます。そんな状況を打破するのに必要なのが、企業研究です。

その会社について徹底的に調査し、分析すると他社との差がうきぼりになり、志望動機もはっきりしてくるので、面接官に対して志望意欲を明確に伝えることができるでしょう。ここでは、企業研究を行う目的やおすすめのやり方をご紹介します。

目次

    企業研究は何のために行う?

    企業研究とは、自分が興味関心のある企業びついて、売り上げ構成比など様々な角度から調べて、企業の特徴を理解することです。ここでは改めて企業研究を行う目的を明らかにしましょう。

    自分に合う企業かどうかを確認するため

    入社後に「社風や業務内容が合わずに苦痛」「仕事のモチベーションが湧かない」といったミスマッチを避けるために、企業研究は欠かせないものです。企業理念や代表メッセージを確認したり、OB・OG訪問をしてヒアリングをしたりして、企業の風土や雰囲気、詳細な業務内容をあらかじめ把握していれば、入社後のミスマッチを防げる確率は上がります。

    志望意欲を明確に伝えるため

    企業研究を行うことで企業が求める人物像も推測できるので、志望動機で伝えるべき内容も明確になります。志望意欲を明確に伝えることができれば、採用担当者にこちらの「熱意」も伝わります。就活では人柄だけでなく志望企業への熱意も重要視されるので、採用担当者や面接官に入社への本気度を伝えることが大切です。

    そのためには、具体的で説得力のある志望動機が必要。「なぜこの企業でなければいけないのか」といった内容がロジカルかつ具体的に書かれた志望動機を作成するには、十分な企業研究が不可欠だと言えます。

    ありきたりの言葉では刺さらない! 熱意が伝わる志望動機の書き方

    企業研究の前に考えておきたいことは?

    面接や選考において企業側に良い印象を与えるためには、志望動機を論理的に組み立てることが大切です。論理的な志望動機を用意するコツは、「なぜその企業でなくてはならないのか」を明確にすることです。なんとなく企業を選んでも、その企業でなくてはならない理由はうまく説明できないでしょう。

    そのため、まず自己分析を行い、次に業界研究をしたうえで、最後に企業研究に取り組むという流れで進めていく必要があります。企業研究に先んじて、自己分析と業界研究をしっかりしておくことで、志望動機の内容に深みをもたせることができるはずです。

    また、志望する企業に自分が何を求めるのか、あらかじめ基準を明確にしておくのも重要なポイントです。福利厚生や仕事内容、勤務地、休暇、研修制度など、企業ごとに条件は大きく異なります。「これだけは譲れない」という基準を明確にしておけば、複数の企業から内定をもらったときも1社に絞りやすくなります。

    企業研究のやり方は?

    「企業研究と言われても、まず何から始めたら良いのか分からない…」という方も多いでしょう。ここでは、企業研究のやり方をご紹介します。

    企業の基本情報を知る

    まずは、企業名や代表の名前、経歴、企業理念などの基本情報を確認しておきましょう。特に注意したいのが、企業名。世間一般で知られているのが略称という場合もあるので、必ず事前に正式名称をチェックしてください。

    企業理念は、事業に対する姿勢が分かる重要なポイントです。代表メッセージなどからも企業理念が垣間見えることが多いので、そちらも要チェック。自分の仕事に対する考え方や、なぜ仕事をするのか、という部分が共感できると快適に仕事をすることができます。さらに、企業理念からは、どのような人材を求めているのかも分かるかもしれません。必ず調べておきましょう。

    企業の事業内容を知る

    「誰に」「どんな商品(サービス)を」「どうやって」販売しているか、を理解しておきましょう。企業が求めているのは、会社に利益を生む人材だと言えます。企業の利益が出る仕組み、つまりビジネスモデルをしっかりと理解しておくことで、自分が就職した後にどうやって利益増大に貢献できるのかを具体的にイメージできるでしょう。イメージができたら、面接官へのプレゼンもしやすくなるはずです。論理的かつ具体的にプレゼンができれば、好印象を与えられるでしょう。

    企業の業界内の立ち位置を知る

    その企業が業界内でどんな立ち位置なのかを把握しておきましょう。競合はどんな企業か、他社に勝っている部分や劣っている部分はどこか、などを明確にすることで、企業の展望や課題が見えてくるはずです。また、この作業の過程で、競合他社の情報も整理できてきます。

    面接では「当社の弱点は何か?また、その改善点はあるか?」という質問も想定されます。競合と比較した場合の志望企業の強みや弱み、競合他社の事業戦略などを知っておけば、そのような質問にもスムーズに答えられるでしょう。

    将来の展望を知る

    これから長く勤めることになる企業だからこそ、将来の展望を知っておくことは大切なポイントです。就職情報サイトや情報誌、新聞などに掲載されていることも多いですが、重要なのは既存のデータを元にこれからどうなっていくのかを自分で想像すること。想像した上で、会社の将来に自分がどのように貢献できるかまで考えておくと良いでしょう。

    企業情報はどこから集める?

    現代はインターネットが広く普及しているため、選択肢が多すぎて「どうやって企業研究に必要な情報を集めればいいのか、わからない」という方も多いのではないでしょうか?ここでは、企業研究におすすめの7つの情報源をご紹介します。

    企業のホームページ

    まずチェックしておきたいのが、企業のホームページ。企業理念や代表メッセージ、設立からの沿革や採用情報など、企業研究で重要な情報がたくさん書かれています。隅々まで読んで、企業の雰囲気まで把握するといいでしょう。

    就職情報サイト

    就職情報サイトはさまざまな企業を一度に見ることができるので、比較が簡単に行えるでしょう。さらにネット環境さえあればスマホでも企業研究が可能なので、通学時間などの空き時間を活用して、企業研究を進めることができます。

    新聞・ニュース

    企業の最新の動向が分かるのが、新聞やニュース。面接では、現在の社会情勢について質問されることが多々あります。自分の志望する企業以外の情報を得ることのできる新聞やニュースは、チェックしておくのが得策だと言えます。重要だと思った新聞記事は切り抜いてノートに貼り付けておくと、後々見返すのに便利なのでおすすめです。

    書籍・雑誌

    「業界地図」や「会社四季報」など、企業や業界の情報がまとまった本はとても便利でしょう。関心のなかった業界や企業に触れることができるので、選択肢が広がることもあります。これから伸びる業界や企業を知るきっかけになるかもしれません。

    会社説明会や合同説明会

    企業のことを詳しく知ることができる会社説明会は、企業についての知識はもちろん、実際に働いている人々に会えるのがポイントです。「人事の雰囲気が良かった」などは、企業選びで大きな理由になり得ます。どんなに小さいことでもメモしておきましょう。

    たくさんの企業が一堂に会する合同説明会は、企業の比較には最適の場所だと言えます。その企業を志望する学生たちにはどんな雰囲気の人が多いのか、などが知れるのもポイントです。

    OB・OG訪問

    会社説明会や合同説明会では聞くことのできない部分まで聞けるのが、OB・OG訪問のメリットです。また、同じ大学に通っていた先輩がどのようなキャリアを歩んでいるのかが分かるのもポイントです。自分のキャリアが想像しやすくなり、働き方の具体的なイメージができるでしょう。

    OB/OG訪問の基本は“ビジネスマナーを守ること”

    内定者へのヒアリング

    現在働いている社員の人よりも、就活を終えたばかりの内定者の方が聞きやすい話しも多あります。会社や社員の雰囲気はもちろん、どのように企業を選び、アピールをし、就活を成功させたのか、という経験が聞けるのも内定者へのヒアリングならでは。

    インターンシップ

    実際に仕事を体験することで分かることや、出てくる疑問も多くあります。企業についてより深く理解したいと思ったら、積極的にインターンシップに参加しましょう。会社の雰囲気やオフィスの働きやすさなどが分かります。さらに、社員の方と親しくなって、説明会では聞きづらいことが聞けるようになるのも大きなメリットでしょう。

    インターンシップに参加する意味は? いつから始まる?

    わからないことだらけ!インターンシップの基礎知識

    企業研究で集めた情報を活用する方法は?

    企業に関する情報を集めるだけでは、魅力的な志望動機を用意することはできません。集めた情報の中から自分に必要なものだけを取捨選択し、各企業の情報を同じフォーマットでノートなどにまとめておくと良いでしょう。書き出す項目としては、仕事内容や企業の雰囲気、人事評価制度などが挙げられます。

    フォーマットをそろえれば企業同士が比較しやすくなり、それぞれの特徴を見極めやすくなります。その結果、同業他社との比較を通して志望する企業のオリジナリティを見出し、志望動機の説得力を高めることができるのです。

    志望する各企業への理解を深めたら、自分が求める基準に照らし合わせながら、あらためて志望順位を検討してください。このとき、自己分析の結果とセットで考えると、企業選びがスムーズに進められます。自分がどのような形で業務に貢献できるのか、自分の強みはどのように活かせるのかといったことを考えながら、活躍できそうな企業を選んでいきましょう。

    企業研究を行うときの注意点は?

    企業研究を行う目的は、あくまでも自分が働きたい企業を見つけることにあります。企業に関する情報をいたずらに集めたところで内定獲得に近づくわけではないので、情報を集めるだけで満足してはいけません。企業研究をするときは、「働きたい企業を探す」「その企業の志望動機をブラッシュアップする」といった目的を見失わないことが大切です。

    また、研究しているとどうしても企業の長所ばかりに注目してしまうものです。公平な視点で企業を評価するためにも、長所と短所の両方に目を向けるようにしてください。企業にとっても、短所を理解したうえで応募している学生のほうが内定辞退などのリスクが低く、安心して採用できるはずです。

    そして、企業研究に没頭しすぎると他の活動がおろそかになり、内定獲得という本来の目的を達成できなくなる可能性があります。企業研究をすることで志望動機の内容は濃くなりますが、自己分析や業界研究で足元を固めておくことがその前提条件となります。企業研究は他の活動と並行して行い、バランスよく就活を進めることを心がけましょう。

    オンラインで無料で就活対策ができる!

    企業研究を疎かにすると、曖昧な志望動機しかでき上がらず、就活に失敗してしまう可能性が高くなりがちです。自分に合った企業を見つけるために、そしてその企業により魅力的なアピールができるように、企業研究をしっかりと行いましょう。

    無料

    • ▼ 自己分析に役立つ適性検査(GPS)
    • ▼ 自己PR添削
    keyboard_arrow_up