企業からのオファーを見逃さない! dodaキャンパス公式アプリ ダウンロード

【dodaキャンパス活用術】オファーリクエストを活用しよう!

  • dodaキャンパス活用法
  • 2022.09.15

dodaキャンパスから「オファーを検討している」という通知がきて、「これはなんだ!?」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。
実は、この通知が届いた企業には学生のみなさんから「オファーをリクエスト」することができるのです!

本日は、その「オファーリクエスト」の機能についてご紹介させていただきますので、是非有効活用していただければと思います!

目次

    企業が「オファーを検討している」と通知がきたら…

    企業側の学生検索には、「検討中」という機能があります。簡単にいうと、「お気に入り追加」のようなものです。
    学生検索をして、気になる学生をピックアップしておく機能になります。
    企業側が学生を「検討中」に追加すると、学生のみなさんには「○○(社名)が△△さんへのオファーを検討しています。」というお知らせが届きます。

    このお知らせが届いたら、メールの「企業情報を確認する」ボタンやアプリのPush通知をクリックし、まずは企業情報を確認しましょう!

    「オファーリクエスト」をしてみよう!

    企業情報を確認してみて、「ちょっとどんな会社か興味がある」と思ったら、積極的に「オファーリクエスト」をしてみましょう!

    企業情報のページ下部に「オファーをリクエスト」というボタンがあります。こちらをクリックすると、企業に「オファーリクエスト」(『オファーを送って欲しいです』という意思表示)ができます。
    ただし、必ずオファーが届くことを保証する機能ではありませんので、あらかじめご了承ください。

    また、「オファーリクエスト」をすると、企業とのつながり枠を1つ増やすことができます。より多くの企業と出会うためにも、積極的に活用ください。

    「オファーリクエスト」した企業からオファーをもらうためには

    「オファーリクエスト」した企業からオファーを送ってもらうようにするためにできることは2つあります。1つは、「キャリアノートを充実させておくこと」で、もう1つは「なるべく早く反応すること」です。

    あなたに対して、企業はなぜ「即オファー」ではなく、「検討」としたのでしょうか? 理由の1つとして、あなたのキャリアノートが不十分でオファーを送るのを躊躇したのかもしれません。そのため、キャリアノートはリクエストを送る前に、完成度70%以上にしておいた方が良いでしょう。可能であれば、完成度100%以上にしておくと、なお良いです。

    「オファーリクエスト」ができるのは企業が検討中に追加してから30日間となっています。余裕があると思われるかもしれませんが、企業がオファーを送るタイミングは限られており、時間が経って「オファーリクエスト」送った頃には企業側がオファーを送るタイミングではなくなっているという可能性もあるので、できる限り早めに「オファーリクエスト」するようにしましょう。

    「オファーリクエスト」できる企業がないかを確認しておこう

    この記事を読んでいる時点で、実はもう「オファーリクエスト」できる企業があるかもしれません。是非チェックしてみましょう!

    検討中一覧を確認する


    無料

    • ▼ 自己分析に役立つ適性検査(GPS)
    • ▼ 自己PR添削
    keyboard_arrow_up