企業からのオファーを見逃さない! dodaキャンパス公式アプリ ダウンロード

簡単にオファー数がグッと増える方法を教えます【dodaキャンパス活用術】

  • dodaキャンパス活用法
  • 2019.06.12

dodaキャンパスのようなオファー型の就活サービスは、あなたが企業を選ぶのではなく、企業があなたを選んでくれます。今まで企業に求愛“する”側だった就活生が、企業から求愛“される”側になってきているのです。

しかし、いつまで経っても企業からのラブコールが届かず嘆いている就活生もはいるのではないでしょうか。しかし、自分には全然魅力がないんだ……と諦めるのは早計です。実はオファーが届きやすくなる方法があるんです!

オファー数を増やすには、プロフィールの記入率とログイン頻度が鍵となる!

オファー型の就活サービスで企業からオファーをもらうためにはただ自分の名前・所属などの個人情報を書けばいいだけではありません。オファー数に関係する重要なポイントがあります。

1つ目は、プロフィール記入率です。アピールポイントや経験、スキルなどをしっかりと記載しなくては、選ぶ側である企業もどういう学生にオファーを送っていいのかわかりません。そのためdodaキャンパスはプロフィールの記入率が高い就活生から検索ページの上位に表示されるので、プロフィールの記入率が高くなればなるほど企業側から見つけてもらいやすくなるので、まずは記入率100%を目指しましょう。

2つ目は、ログイン頻度が重要になります。就活生がちゃんとこのサービスを利用しているのか、という点も企業にとっては判断材料になります。ログインしていない状態が続いていると、「オファーを送ってもちゃんと承認してもらえるかな?」といった不安を抱かれてしまい、せっかくのチャンスを逃すことになりかねません。ですので、少なくとも2、3日に一度はdodaキャンパスのサイトを覗くか、アプリを開くようにしましょう。

詳しくは下記をご覧ください。

就活は恋愛に似ている? 「探さない……待つの♡」もいいが、キャリアノートは随時ブラッシュアップしよう!

では、この2つのポイントをクリアするのも、プロフィールを入力するという作業に手間がかかるためなかなかやる気が起きない、なんてことを思っていませんか?しかし、dodaキャンパスはそういったわずらわしい作業をせずに記入率をあげることができるのです!

dodaキャンパスは面倒な入力なしで記入率をあげられる

ここでは、わざわざ書かなくとも記入率を上げられる秘密をお伝えしましょう。dodaキャンパスはプロフィール登録の一部に「タップイン」を導入しました。

タップインとは?

自分でプロフィールの文言を考えて入力するのではなく、dodaキャンパス側があらかじめ用意しておいた項目を選べば、プロフィールが完成していく新しい機能。

「ここはどうやって書けばいいんだろう?」「この書き方で正しいのかな?」といった悩みがなくなり、ストレスフリーでプロフィールを登録・更新することができるのです。

他のオファー型の就活サービスに登録した方もいるでしょう。しかし、いざプロフィールを充実させようとしても、書くことが多くて面倒になってしまったり、プロフィールの更新率も悪く、ログインの頻度も少なくなる、という悪循環に陥ってはいませんか。

それに対して、dodaキャンパスは一部の項目にタップインを採用しているので、気軽にプロフィールを登録・更新することが可能。アカウント登録してはいたものの、プロフィールの各項目をあまり登録・更新していなかった方は、ぜひ自分のプロフィールページで試してみてください。

タップインで更新可能な項目を紹介

dodaキャンパスはプロフィールの記入率が70%以上になるとオファー受信率アップし、添削サービスが利用できるようになるなど様々なメリットがあります。ですので、まずは70%を目指し、最終的に100%をなるようにしましょう。

では、どんな項目がタップインだけで記入率が向上するのでしょうか。今回はスマートフォンのアプリの画面を例にして、簡単に40%も記入率が上がる項目を紹介していきます。

スキルを2つ追加するだけでも20%UP!

スキルは、1つ入力して注目フラグを立てることでプロフィール記入率が10%、2つ目でさらに10%増えます。つまり、スキルを2つ追加するだけで20%も記入率がアップするのです!3つ目以降のスキルを登録してもプロフィール完成度は上がりませんが、注目フラグは合計5つまで、スキル自体はいくつでも作成することが可能です。

英語圏への留学経験があり、英語の会話スキルをアピールしたいのであれば、カテゴリの大分類で語学を、中分類で英語を選択すると自分の英語レベルを選んで登録することができます。



スキルは、後述する「経験」と紐付けすることが可能なので、「私は〇〇が得意です。なぜなら~~」という文を書く必要がありません。スキルについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【dodaキャンパス活用術】君の強みはなに?スキル欄には何を書くべきか?

経験も2つ登録すれば20%UP!

経験も、スキルと同じように、2つ登録するとプロフィールの記入率が20%増えます。タイトルだけは自分で考えて入力する必要がありますが、留学、アルバイト、ゼミ・研究室など選んだカテゴリによって詳しく情報を記載することが可能です。たとえば、留学を選ぶと留学先の国・都市を選択することができるようになっているので、わざわざ内容記入欄に「私は〇〇という国の△△という都市に✕年の□月から留学に行きました」と書きはじめなくても、写真も使いながらわかりやすく企業側にアピールすることができるのです。



何から入力すればいいかわからない方は

ウェブ版のプロフィールページでは、記入率が低いとプロフィール写真の下に「簡単ガイドで入力を再開する」というタブが表示されます。そのタブでは、タップイン作業のみで登録できる項目を流れに沿って入力するだけで、プロフィールの記入率がアップするようになっているのです。「簡単ガイドで入力を再開する」タブが表示されている方はぜひ試して、少なくとも70%を目指すようにしましょう。

dodaキャンパスを有効活用して内定を勝ち取ろう

たったこれだけの作業であなたのプロフィールは企業側の検索ページの上位に表示されるようになります。どれだけ美味しいうどん屋があっても、誰にも知られなければその味が伝わらないように、あなたがどれだけ魅力的であっても、企業の採用担当者に発見され、プロフィールページを見てもらえなければ、オファーはきません。

プロフィールは一度登録して終わりではなく、何度もブラッシュアップしていくことが必要です。仮にプロフィールの記入率が100%になったとしても、企業からのオファーを獲得するためにやれることはたくさんあります。たとえば「短期留学についてアピールしていたけど、最近インターンシップに参加したからもっと押し出したほうがいいな」というときに、最初から書き直す作業は普通であれば手間がかかりますが、dodaキャンパスであればすぐに登録することが可能なのです。また、ブラッシュアップする作業をこまめにおこなうことで定期的にログインしている状態にもなります。電車に乗っているときなど、ちょっとした時間でもいいので、dodaキャンパスのアプリやブラウザを開いてみてくださいね。

keyboard_arrow_up