新卒採用お役立ちコラム

catch-img

ダイレクトリクルーティングの料金形態や平均費用は?

ダイレクトリクルーティングは、気になる人材に直接接触を図るという画期的な採用手法です。その性質から、オファー型採用・スカウト型採用・逆求人などと呼ばれることもあります。人材確保の難易度が高まるなか、効率的な採用活動が行えるとして注目を集めています。

一方で、気がかりなのがイニシャルコスト(初期費用)やランニングコスト(月額利用料)ではないでしょうか。
そこで本記事では、ダイレクトリクルーティングの費用や導入時のポイントを解説します。


目次[非表示]

  1. 1.ダイレクトリクルーティングの料金形態
    1. 1.1.成功報酬型
      1. 1.1.1.新卒の相場は一人当たり30~40万円
      2. 1.1.2.中途の相場は年収の15%
    2. 1.2.定額型
      1. 1.2.1.新卒の相場は年間60~100万円
      2. 1.2.2.中途の相場は年間300~400万円
  2. 2.導入する際の4つのポイント
    1. 2.1.PDCAを回す
    2. 2.2.運用リソースを確保する
    3. 2.3.全社的な協力体制を整える
    4. 2.4.情報を管理して適切に活用する
  3. 3.まとめ


ダイレクトリクルーティングの料金形態

ダイレクトリクルーティングは、従来の「理想の候補者からの応募を待つ」という受け身の採用手法とは異なり、企業が採用したい人材に直接オファーする採用手法です。受け身の採用スタイルでは接点を持てなかった学生と出会える可能性が広がり、優秀な新卒人材確保が可能になるとされています。

▶ダイレクトリクルーティングに関して詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください

  【新卒採用を勝ち抜く手法】ダイレクトリクルーティングとは? 仕組みやメリット、成功のポイントを一挙に解説 | dodaキャンパス ダイレクトリクルーティング(DR)とは、従来の「求人広告を出して応募を待つ」という採用手法ではなく、企業側から必要な人材に積極的にアプローチする手法です。本記事では、ダイレクトリクルーティングを検討中の採用担当者の方に向けて、ダイレクトリクルーティングに関する基本情報や新卒採用で生かすための方法など、ダイレクトリクルーティングのすべてを解説します。 dodaキャンパス


料金形態は概ね“成功報酬型”と“定額報酬型”の2種類あり、それぞれの平均費用は以下のとおりです。


成功報酬型

成功報酬型とは、「1名の採用につき○○円」のように、採用人数によって変動する料金形態のことです。費用が発生するタイミングは、内々定承諾時が一般的で、勤務地によって金額が異なるサービスもあります。

内定を辞退された場合は返金があるサービスが多いですが、採用の可否にかかわらずサービスの初期費用や利用料が別途必要となります。


新卒の相場は一人当たり30~40万円

新卒採用の成功報酬額は、30~40万円が一般的です。


例)

  • 初期費用:30万円
  • 成功報酬:30~40万円


▼成功報酬30万円のプランを1年間利用し、10名の採用に成功した場合


初期費用:30万円
成功報酬:300万円(30万円×10名)

合計:330万円


上記の条件の場合、一人当たりのコストは33万円になります。


中途の相場は年収の15%

中途採用の場合は、1名あたりの金額は固定ではなく、「利用料金+年収の○%」というケースが一般的です。報酬の割合は15%程度からが多く、職種や保有スキル、経験などで異なるケースも見られます。


例)

  • 初期費用:10万円
  • データベース利用料:月額5万円
  • 成功報酬15%~


▼成功報酬15%のプランを1年間利用し、年収500万円の人材を10名採用した場合


初期費用:10万円
データベース利用料:60万円(5万円×12ヶ月)
成功報酬:750万円(500万円×15%×10名)

合計:820万円


上記の条件の場合、一人当たりのコストは82万円になります。


定額型

定額型とは、月額・年額などで利用料金が決まっている形態のことです。プランに応じてオファーできる上限数が決められているケース、インターンシップなどで低学年にオファーする場合は、早期利用料が必要なケースもあります。

採用人数が多いほど、一人当たりの単価が下がるため、採用に必要な費用の削減も期待できます。


新卒の相場は年間60~100万円

定額型の新卒ダイレクトリクルーティングの費用は、年間60~100万円程度が一般的です。


例)

  • データベース利用料:60~100万円(年額)


▼60万円のプランを1年間利用し、10名採用した場合


データベース利用料:60万円

合計:60万円


上記の条件の場合、一人当たりのコストは6万円になります。


中途の相場は年間300~400万円

中途採用の場合、年間300~400万円のサービスが一般的です。じっくり探したい企業向けのサービスの場合、データベース利用料だけで、年間数千通のオファーメールを送れるサービスもあります。


例)

  • データベース利用料:300~400万円(年額)


▼330万円のプランを1年間利用し、10名採用した場合


データベース利用料:330万円

合計:330万円


上記の条件の場合、一人当たりのコストは33万円になります。



導入する際の4つのポイント

採用コストの削減が期待できるダイレクトリクルーティングですが、次の4つのポイントを意識することでよりそのメリットを実感できます。
詳しく見てみましょう。

PDCAを回す

ダイレクトリクルーティングは、PDCAを回しやすく、使うほどに成功率を高められる採用手法です。

たとえば、ターゲットの選定基準やオファーの文面などは一定のルールを守り続けるのではなく、仮説・検証・改善を繰り返すことで精度の向上が期待できます。

こうした一つひとつのプロセスに対し、試行錯誤をしながら取り組むことで、求めるターゲットの内定率を高められるでしょう。


運用リソースを確保する

ダイレクトリクルーティングは、母集団を形成する候補者をすべて自ら選ぶ手法です。そのため、オファーする候補者の選定やオファーメールの作成などにリソースを確保すると、ターゲットの関心を得られる可能性が高まります。

たとえば、なぜオファーしたのか、どのような点に魅力を感じたかなどの特別感のあるメッセージを盛り込みましょう。

これらのプロセスは、成果に影響するため、運用リソースを確保し、集中して取り組むことが大切です。


全社的な協力体制を整える

ダイレクトリクルーティングは、社内全体で協力しあって取り組むことで、自社の魅力をより分かりやすく伝えられます。

オファーメールでは現場責任者の生の声を伝えるとより返信率が高まるとされています。そのため、社内全体が企業の採用課題はもちろん、熱意や魅力などを把握できているかどうかが重要となってきます。

人事や総務といった一つの部署だけでなく、全社的に協力体制を整えて臨むことがポイントです。


情報を管理して適切に活用する

ダイレクトリクルーティングは、情報管理を行うとスムーズに進められます。

誰に・いつ・どのような文面でオファーしたのか、相手の反応による自社への関心度などの情報を管理し、アプローチの際の参考にしましょう。こうした情報を適切に活用し、タイミングよく進めていくことが成功の秘訣です。



まとめ

ダイレクトリクルーティングは、企業自らが動く攻めの採用手法のため、応募を待つだけの採用手法では出会えない人材との出会いを実現します。

ダイレクトリクルーティングは、専門のサービスを活用するのが一般的で、料金形態も成功報酬型、定額型の2種類に分けられます。状況によっては採用活動にかかわる費用の削減が期待できるため、導入を検討しているという採用担当者さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

ただし、どのような採用手法でも適切な準備もせず、すぐに成功することはありません。ダイレクトリクルーティングを導入する際は、中長期的な取組みだということを理解し、全社で協力体制を整えて戦略的に取り組むことが大切です。

また、専門のダイレクトリクルーティングサービスを選択する際は、サービスにかかる費用や内容などを検討し、自社の採用課題を解決できるようなサービスを選びましょう。

dodaキャンパスでは、定額料金でオファーを送ることができるベーシック定額プランをご用意しています。費用は60万円(税別)で最大25ヶ月利用可能なほか、1~2年次の学生に対するインターンシップオファーなども無料で行えます。期間中は何通でもオファーメールを送れます。「コストを抑えたい」「安心してじっくりとダイレクトリクルーティングに取り組みたい」とお考えの企業さまにおすすめです。ご興味がございましたらお気軽にご相談ください。


▼dodaキャンパスのサービスについてはこちらの資料をご一読ください。

  資料請求|新卒採用ダイレクトリクルーティングはdodaキャンパス dodaキャンパスについて資料請求ページ。新卒オファー契約企業数No.1!新卒採用の悩みをダイレクトリクルーティングで解決。従来の採用手法では集められない・見つからない採用担当者様へ、ベネッセグループが持つ独自のノウハウを用いて採用成功に導くご提案をいたします。 dodaキャンパス