資料ダウンロード

【お役立ち資料】
効率的な採用活動を実現するための
ターゲット設計 5ステップ

「応募は集まるものの、自社にマッチする人材が採用できない…」
「採用後の離職率の高さに歯止めをかけたい…」
このようなお悩みを抱えられている方向けの資料をご用意いたしました。

母集団数の最大化をKPIとして設定し、多くの応募を集めても、その母集団の中に自社にマッチした学生が少ない場合には、最終的な採用数が未達となったり、採用後のミスマッチによる早期離職へと繋がったりする可能性があります。

これらの課題は、自社が採用したい人物像をはっきりとさせ、ターゲット設計を見直すことで解消できます。ターゲット設計は、効率的な採用活動にもつながります。

本資料では、ターゲット設計で踏むべき5つのステップについて、詳しく解説します。
  • STEP1:採用計画の長期・短期目標を設定した上で、社内ニーズをヒアリングする
  • STEP2:社内で活躍している人材の特性を把握する
  • STEP3:要件を整理しつつ、優先順位をつける
  • STEP4:STEP1〜3を基にペルソナを設定す
  • STEP5:ペルソナおよびターゲットをメンテナンスし、PDCAを回す
ターゲット設計
下記のフォームに入力の上、送信ボタンを押してください。
※同業他社様、学生の方のお申込みはご遠慮いただいております
半角数字+半角ハイフンで入力してください
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。