企業からのオファーを見逃さない! dodaキャンパス公式アプリ ダウンロード

押さえておきたい!就活用語・略語まとめ

  • 業界・企業研究
  • 2019.12.02

ES? ガクチカ? NNT?
就活の準備をしていると、知らない言葉がずらり。
今回はそうした就活用語の略語をまとめて解説します!

これから就活の準備を始めるという方も、Twitterや記事で情報収集する際のヒントにしてみてくださいね。

就活で押さえておきたい略語

■OO卒(21卒や22卒など)

学生の卒業年度のこと。
2021年3月に卒業する学生(2019年現在学部3年、院1年)は21卒。また、現在の学部1.2年生はそれぞれ23卒、22卒となります。ただし、留学や休学などから卒業年度が変わることもあり、一概に学年ごとの括りとは言えません。
よく見かけるのは、就活のイベントやインターンシップなどで、「22卒対象」のように使われています。 まずは自分が何年度卒なのか、確認してみましょう。

■インターン

インターンシップの略。
インターンシップとは、企業で実際の仕事に近い活動をする就労体験のこと。短期のものと長期のものがあります。サマーインターンはおおむね1~5日間の開催なので、短期インターンにあたります。長期インターンでは、アルバイトと同じように給料がもらえることも多いです。アルバイトの代わりにインターンで経験を積むというのもいいかもしれないですね。

インターンについて詳しく知りたい方はこちらのコラムもチェックしてみてくださいね。

インターンシップとは!? 参加する意味は? いつから始まる?

■ガクチカ

”学生時代、力を入れたこと”の略。
自己PR、志望動機、学生時代に力を入れたこと、この3つがエントリーシートや面接で必ずと言っていいほど聞かれる項目。就活生だけでなく、1.2年生のうちから、自分の経験を言葉にして整理してみるといいですね。

■お祈りメール

選考を通過しなかったことを知らせるメールのこと。

学生にとって残念な選考結果を通知するメールに、「益々のご活躍をお祈りいたします。」など、ねぎらいの言葉が添えられていることが多いことに由来します。

ここから派生して、不採用者には選考結果の通知がないことを「サイレントお祈り」、内定を辞退することを「お祈り返し」や「逆お祈り」と言うこともあるそうです。

■合説

合同説明会の略。
複数の企業が合同で行う説明会のこと。会場では各企業の講演を聞いたり、個別に相談できることもあります。主に、インターンシップの紹介をする説明会と、本選考に向けて3月1日以降から行われる説明会があります。

■ES

エントリーシートの略。
エントリーシートとは、エントリーの際に企業に提出する履歴書を兼ねた資料のことです。主に、自己PRや志望動機、学生時代の取り組みについて書きます。そのほか、商品の企画や宣伝方法の提案など、企業や業界によって特色のある質問項目もあります。最近では、サマーインターンでも提出が必要な場合も多いです。

■GD / グルディス

グループディスカッションの略。
インターンや本選考において、数人の学生で課されたテーマについて話し合いをする選考方法のこと。面接官は、リーダーシップや協調性などを見ています。

■Webテ

Webテストの略。
学生の性格面での適性や論理的思考力を測るために、パソコンを用いて受検するテストのこと。SPIや玉手箱が有名です。採用しているテストは企業によって異なります。自分がエントリーする企業はどのテストを利用しているのかを事前に確認し、それに合わせて対策をする必要があります。

Web上だけでなく、会場で受検するテストもあります。本格的に就活が始まる前に対策をしておきたい筆記試験についてはこちらも確認してみてくださいね。

SPI、CAB、GABとは?就活での筆記試験の種類と概要

知っておくと損はしないかもしれない略語

ここからは、就活を円滑に進めるうえでもしかしたら役に立つかもしれない略語を紹介していきます。

■エレオク 

エレベータまで面接官が送る”の略。
面接後、エレベーターまで見送られるとその選考は通過できないというジンクスに由来します。しかし、真相は定かではないので、エレベーターまで送られたからといって取り立てて気を落とすことありません。

■オワハラ

就活終われハラスメントの略。
内定者の内定辞退を避けるために、企業が学生に就活をやめる(=ほかの企業の選考を受けない)ように働きかけることを指します。

■オヤカク 

”入社を親に確認すること”の略です。
内定辞退や入社後のミスマッチの防止などを目的に、内定者の保護者に連絡・確認をとる企業もあるそうです。

■キチョハナカンシャ 

”貴重なお話ありがとうございます”の略。
説明会やセミナーでの講演後、質疑応答の際に「貴重なお話ありがとうございます」と前おいて質問することが多いことに由来します。講演内容とかぶるような質問をしたり、見当違いな質問をする人に対して皮肉めいて使うこともあるようなので、「キチョハナカンシャ」を使う際には注意が必要です。

■持ち駒  

選考に進んでいる、つまり内定ももらえる可能性が残っている企業のこと。

■ANT

”有る内定”のこと。
すでに内定をもらっていると、こころに余裕がうまれます。もし内定を辞退する場合は早めに先方の企業に連絡しましょうね。

■NNT

”無い内定”のこと。

6月以降、周りの友人よりも内定をもらうのが遅いと焦ってしまいますよね。それでも落ち込まなくて大丈夫です。なにをするのがいいのか、こちらのコラムも参考にしてみてください。

NNT就活生でも焦らない!今日から始める逆転内定への道

■Uターン・Iターン

Uターンとは、地方出身の学生が地方に戻って就活、就職すること。
Iターンとは、都市部出身の学生が地方で就活、就職すること。


地方就職に興味がある方は、こちらも参考にしてみてください。

地方就職に悩んでいる就活生必見!都市から離れて働く魅力とは?!

ビジネス用語系

次に、企業に就職する上で、知っておきたい基本的なビジネス用語をご紹介します。

■コンサル

コンサルタントの略。
コンサルタントとは、企業が抱える課題や問題に対して専門的な立場から解決策を提案する(コンサルティング)人のこと。
経営コンサルタント、人材コンサルタントなどがある。近年では文系学生からの人気が高い職種です。

■裁量労働制度・フレックスタイム制

どちらも勤務体系に関する制度ですが内容は異なります。

裁量労働制度とは、労働時間を一定時間とみなす制度のこと。
ただし、この制度が適用されるのは専門的な知識や技術を必要とする一部の職種(技術者や弁護士、コピーライターなど)に限られています。

フレックスタイム制度とは、者が自分で始業時間・就業時間を決めて働ける制度のこと。
働き方の多様化に合わせて、近年では導入する企業も増えてきています。

■初任給

入社後はじめてもら給与のこと。ただし、たとえば求人票に「初任給20万円」と書かれていても、実際にもらえる金額(手取り)とは異なります。給与額は、「基本給+各種手当-社会保険料-各種税金」となります。

また、企業によっては交通費に上限があったり、住宅手当などがつくこともあります。

■退職金

退職の際に支払われる金銭のこと。
勤続年数によって額面が決まっている「年功型」と、成果や役職によって額面が変わる「成果報酬型」があります。「成果報酬型」を取り入れる企業も増えてきているようです。

■BtoB ・BtoC

それぞれ、誰が誰に対して商売をしているのかを表しています。

「BtoB」は、“Business to Business”の略。
企業が企業に対してモノやサービスを提供するビジネスモデル。

「BtoC」は、“Business to Consumer”の略。
企業がモノやサービスを直接個人(一般消費者)に提供するビジネスモデル。
学生にとって馴染みがあるBtoCの企業に目が行きがちですが、企業研究ではBtoBの企業にも目を向けると、自分にぴったりな企業が見つかるかもしれません。

BtoB、BtoCなどビジネスモデルについてもっと知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

【就活前に知っておきたい!】BtoBとBtoCの違いとは?

■IR情報

IRとは”Investor Relations”の略で、IR情報とは投資家(株主)に対する広報活動のこと。 その企業の業務計画や売り上げの推移などの情報が記載されています。企業研究の際にも活用することができます。


いかがでしたか? ぜひみなさんの就活・就活準備の参考にしてみてくださいね。

keyboard_arrow_up