新卒採用お役立ちコラム

catch-img

自社にとって最適な採用手法とは?ニーズごとのオススメ手法を紹介!

新卒採用における採用手法は多様化し、自社にとって最適な手法を検討し直す企業も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、新卒採用における採用手法を複数取り上げ、コストや時間、メリット・デメリットなど様々な観点から比較しています。

比較表をもとに、企業が抱えるニーズを踏まえ、それぞれにオススメの手法を紹介していきます。

目次[非表示]

  1. 1.採用手法比較表
  2. 2.ニーズごとに紹介!オススメの採用手法とは
    1. 2.1.ターゲットを限定せずに、多くの学生と接点を作りたい!
    2. 2.2.短期集中で工数をかけずにターゲット学生を確保したい!
    3. 2.3.できるだけコストを抑えつつ、ターゲット学生にアプローチしたい!
    4. 2.4.優秀な大学1,2年生にも早めのうちからアプローチしたい!
    5. 2.5.企業のリアルな姿を発信し、学生との相互理解を深めたい!
  3. 3.まとめ

採用手法比較表




ニーズごとに紹介!オススメの採用手法とは

ターゲットを限定せずに、多くの学生と接点を作りたい!

ナビサイト・合同企業説明会

ターゲットを限定せず、とにかくより多くの学生と出会いたい!といった場合は、ナビサイトや合同企業説明会がオススメです。


ナビサイトは、「就活生の第一歩はナビサイトへの登録」と言われるほど多くの学生が利用しており、学生へのリーチが広いのが最大の特徴です。

比較的少ない工数で始めることでき、より多くの学生に情報提供が可能です。

同じくターゲットを限定せず、多くの学生と出会う機会として合同企業説明会が挙げられます。合同企業説明会では、自社や自社の業界についてあまり関心のなかった学生とも出会えるため、思わぬ出会いを生み出せるでしょう。


一方で、検討すべきデメリットも存在します。

これらの手法は利用学生・企業ともに多い為、ターゲット学生に出会いづらい、大手企業や人気の企業に埋もれてしまう可能性があります。

またコストや工数面に関して、ナビサイトの場合は上位表示オプションや掲載延長などで追加コストがかかる、合同企業説明会の場合は事前準備や当日運営に一定のコストや工数がかかることは抑えておきましょう。


これらのデメリットを踏まえながら、「ターゲットを限定せずにより多くの学生との出会いたい」といった場合は、ぜひナビサイトや合同企業説明会を活用していきましょう。

認知度が高く、また人事体制に余裕がある企業にはオススメです。

短期集中で工数をかけずにターゲット学生を確保したい!

新卒紹介

ナビサイトなどのように不特定多数の学生ではなく、ターゲットとする学生に確実に出会いたい場合は、新卒紹介がオススメです。


中途採用では主流とされる人材紹介ですが、最近では新卒採用でも利用されており、会社の求める人材をピンポイントで探せるため短期間での採用が可能です。

また成果報酬型であり、プロのエージェントに携わってもらいながら採用活動を進められるため、無駄なコストや工数削減にも繋がります。


一方で、採用単価は一人当たり90-100万と他の手法に比べて高く、またエージェントに登録している学生の中から探していくため、出会える学生は限定されてしまうといったデメリットも存在します。


十分な予算があれば有効な手法ですので、予算に余裕があり、「できるだけ短期間で工数をかけずにターゲットに合った学生に出会いたい」といった場合は、新卒紹介を利用してみてはいかがでしょうか。

できるだけコストを抑えつつ、ターゲット学生にアプローチしたい!

ダイレクトリクルーティングとリファラル採用

ターゲット学生と出会いたいがあまりコストはかけられない、といった場合は、ダイレクトリクルーティングとリファラル採用がオススメです。


ダイレクトリクルーティングは、データベースの中から欲しい学生に直接アプローチしていく手法です。一人当たりの採用コストを抑えつつも、ターゲット学生に出会える手法として近年注目を集めています。企業から欲しい学生に直接アプローチできるため、ミスマッチが起きづらいのが最大の特徴です。


同様に、リファラル採用も有効な手法です。

リファラル採用とは、自社の社員や内定者に友人を紹介してもらう手法です。企業理念や風土を理解している社員・内定者が紹介を行うためミスマッチが起きづらく、効率的にターゲット学生に出会えます。また外部の紹介会社などを挟まない為、基本的には紹介のインセンティブ料などのコストのみで抑えられます。


一方、時間や工数面でのデメリットは検討していきましょう。ダイレクトリクルーティングの場合、採用担当者がPDCAを回しながらノウハウを蓄積していく必要があります。リファラル採用の場合、現場社員に協力を仰いだり、社員と友人の人間関係に配慮しながら慎重に採用活動を行なう必要があるため、採用には一定の時間がかかるでしょう。


どちらの手法も効果が出るまでに一定の時間や工数を要しますが、「コストを抑えつつターゲット学生に出会いたい」といった場合はダイレクトリクルーティングやリファラル採用を活用してみてはいかがでしょうか。

優秀な大学1,2年生にも早めのうちからアプローチしたい!

大学訪問、ダイレクトリクルーティング

就活の早期化が言われている中、優秀な大学1,2年生と早めに接点を持ちたい、と感じている場合は、大学訪問や低学年も対象にしているダイレクトリクルーティングがオススメです。


大学訪問とは具体的に、大学の就職課やキャリアセンターに複数回足を運び、長期的に大学側と関係構築を行なっていく手法です。

大学・学部といった情報のもと、低学年を対象にした学内セミナーやインターンシップの紹介を通して、優秀な大学1,2年生へのアプローチが可能です。

主に学内セミナーの開催や求人票の掲示といったアプローチになるためコストを抑えることができ、関係構築後は大学側と長期的なつながりを持つことができます。


一方で、関係構築していくには複数回の訪問を要し、訪問前には大学への理解を深めるリサーチを入念に行う必要があるなど、比較的長い時間と工数がかかります。


また同様に、低学年へのアプローチができる手法としては低学年向けにもサービス提供しているダイレクトリクルーティングもオススメです。低学年へのサービス提供している唯一のサービスとしてdodaキャンパスがあります。dodaキャンパスは大学1年生から登録できるため、自社のターゲットに沿った学生や優秀だと感じた学生に早めにアプローチしたり、インターンのオファーができたりと、低学年から接点を取ることが可能です。

「優秀な大学1,2年生に早めのうちからアプローチをしたい」といった場合は、大学訪問やダイレクトリクルーティングを活かしてみてはいかがでしょうか。

企業のリアルな姿を発信し、学生との相互理解を深めたい!

SNSの活用

オンラインでの採用活動が主流になり、学生からの企業理解の機会を増やし、ミスマッチを防いでいきたい場合は、SNSの活用がオススメです。

ソーシャルリクルーティングとは、InstagramやFacebook、TwitterなどのSNSを利用した採用手法です。

SNSはほとんどの学生が使っているため多くの学生に出会うことができ、また、お互いにリアルな情報を発信することで相互理解を深めることができます。オンラインでの採用活動が主流になった現在、学生と密にコミュニケーションをとることができる手法です。

また、学生へ自社の魅力をPRし、企業理解の場を増やすには、自社HPもおススメです。ナビサイトと異なり、デザインやコンテンツを自社独自のものにできるため、工夫次第で学生への有効なアピールになるでしょう。

一方で、こうした手法はすぐに効果が現れるものではなく、学生側に興味を持ってもらえるコンテンツを作るには長期的な運用が必要不可欠であるため、一定の時間と工数がかかることは押さえておくと良いでしょう。

オンラインでの採用活動が主流になる中で、「学生と密なコミュニケーションを取りながら相互理解を深めたり、自社のリアルや学生にとっての魅力をPRし、ミスマッチを防いでいきたい」といった場合は、ぜひSNSの活用や自社HPに挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

本記事では、多様化する採用手法を様々な観点から比較し、企業が抱えるニーズごとにオススメの採用手法を紹介しました。

それぞれの手法に特徴や効果の差があるため、自社の課題に合わせた有効な採用手法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

検討の際に本記事が参考になりましたら幸いです。