企業からのオファーを見逃さない! dodaキャンパス公式アプリ ダウンロード

逆求人のススメ

逆求人で内定獲得!逆求人サイトを活用した就活の流れとポイント

2018.12.11

逆求人という言葉は、就活生なら1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

「逆求人に興味はあるけど、内定を獲得するまでの流れがよくわからない」
「逆求人で本当に希望の企業から内定を獲得できるの?」

このような疑問を持っている就活生も多いかもしれません。

そこで今回は、逆求人で内定を獲得するまでの流れやポイント、逆求人サイトの利用方法など、逆求人に関する情報をご紹介します。

逆求人とは?

そもそも逆求人とは、どんなシステムなのでしょうか。まずは逆求人の内容やメリットについて見てみましょう。

 

企業からのアプローチ(オファー)を待つ新しい就活スタイル

逆求人とは、逆求人サイトなどに登録している学生に対して、企業からアプローチ(オファー)を行い面談などを行う新しい就活スタイルのことです。従来の就活では企業側が求人募集を行い、それを見た学生たちが企業に応募するスタイルでしたが、逆求人はその真逆となります。

基本的には「待ち」の姿勢なので、学生側から企業に対して積極的にアクションを起こす必要はありません。もちろん何もしなくていい、というわけではないので注意しましょう。プロフィールを充実させたり、企業からの反応を見ながら随時内容をブラッシュアップしたりといった努力は必要です。

 

知らない業界からもオファーが届くため視野が広がる

逆求人では、学生のプロフィールを見て興味を持った企業からオファーが届きます。中には、今まで自分が見落としていた業界や、知ることのなかった業界からオファーが来る可能性もあり、企業選択の視野を広げてくれます。従来の就活スタイルでは、自分の知っている業界や企業を中心にエントリーするのが一般的です。

しかし、自分にとって本当に向いている業界や企業を見極められている学生はごくごく少数のはず。多くの場合、偏った業界研究・企業研究によって「ここが向いているはず」と思い込んでいるだけ、ということが多いです。逆求人を利用して多様な業界の企業に触れることで、自分にマッチした意外な業界、企業の存在に気付けるかもしれません。

 

1対マスではなく1to1のコミュニケーションが取れる

従来の就活では、1つの企業に対して複数の学生が応募して面談を行うという、1対マスのスタイルでした。選考前に、採用担当者と2人でじっくりコミュニケーションを取れる機会もなかなかありません。

しかし逆求人では、オファーを送ってくれた企業の採用担当者と、1to1でのコミュニケーションが取れます。どことなく一方通行な印象を受ける就活も、逆求人の利用で企業とのコミュニケーションが取りやすくなるでしょう。

 

自己PRを熟読したうえでオファーを送ってくれる!

通常、企業はエントリーシートや履歴書に書かれた自己PRを熟読することはありません。大量の応募者の書類をチェックするためには、一つひとつにじっくり目を通す余裕はないからです。しかし逆求人では、企業の採用担当者は求める人材を探すため、逆求人サイトに掲載された学生の自己PRを熟読してくれます。自分の強みやスキル、人柄などを理解したうえでオファーを送ってくれるので、採用意欲がすでに高い状態で選考に進めるメリットがあります。入社後のミスマッチのリスクも少なくなるでしょう。

 

逆求人で内定を獲得するまでの流れとは?

 

逆求人サイトに登録する

まずは逆求人サイトに登録するところから始まります。登録方法は、通常の求人サイトとあまり変わりません。登録用のメールアドレスやパスワードなどを準備しておけば、スムーズに登録が可能です。

 

企業からのオファーを待つ

逆求人サイトの登録が完了したら、自己PRの文章やアピールしたいスキル、資格などを入力して、企業からのオファーを待つだけです。

 

オファーに対して「承認」か「辞退」のいずれかを判断する

企業からオファーが来たら、オファーに対して「承認」か「辞退」のいずれかを選択します。一定期間内(多くのサイトは1週間以内)にオファーに承認・辞退のアクションをしないと、期限切れになってしまう場合があるので注意が必要です。

また、同時にオファーを受けられる数には一定数の上限を設けているサービスが多いです。関心のないオファーは早めに辞退し、他の企業からのオファーの機会損失を防ぎましょう。

 

採用担当者と連絡を取り合いインターンシップや面談などの日程調整

企業からの逆求人オファーを承認したら、採用担当者と連絡を取り始めます。面談やインターンシップの日程などについて、スケジュールを調整しましょう。

【逆求人を利用した内定者の声】

 

企業からのオファーをもらうにはどうすれば?

逆求人サイトで、企業からオファーをもらうためのポイントについても見てみましょう。

 

プロフィールページの充実度がカギ

企業の採用担当者は、学生のことを知る手がかりとして、プロフィールページを必ずチェックします。逆求人サイトで企業からオファーをもらうには、プロフィールがいかに充実しているかがカギとなります。では、企業に興味を持たれるようなプロフィールを作成するには、どのような内容を入力すれば良いのでしょうか?

 

自己PRに力を入れる

自己PRは企業の採用担当者が最も注目する箇所なので、まずは自己PRの充実に力を注ぎましょう。逆求人サイトで作成する自己PRは特定に企業に向けた内容ではないため、ある程度汎用的な内容にすることがポイントです。特定の業界を志望する理由など、通常のエントリーシートや履歴書では具体的に記載すべき内容も、逆求人サイトの自己PRではあまり触れなくてもいいでしょう。

自己PRを作成するコツは、あなたの人柄やスキル、ポテンシャルが伝わる内容にすることです。そのために、アピールしたい自分の強みをピックアップして、それを冒頭で簡潔に伝えましょう。

・「私は新しい物事に挑戦することにワクワクする性格です」
・「私の強みはゼミの研究で養った論理的な思考力と分析力です」

このように、強みが伝わる一文から書き始めるのがコツです。その後は、強みを証明する過去のエピソードを具体的に掘り下げて書いていきます。ポイントは具体性で、過去の描写が鮮明に頭に浮かぶほど、具体的に書かれているとベスト。

魅力的な自己PRの書き方については、以下の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:
逆求人とは?逆求人の意味や仕組み、利用するメリット

 

スキルをアピール

「学生だから、アピールできる仕事のスキルなんかない」と思うかもしれませんが、仕事以外の生活でも、アピールできるポイントはあります。

「人にものを教えるのがうまい」「ディスカッションやグループワークの議事録をまとめるのが得意」「先頭に立って場を盛り上げる役をよく任される」といったこともスキルと呼べるでしょう。
 

資格をアピール

英検やTOEIC、秘書検定や簿記など、取得している資格もアピールになります。漏れなく記載しておきましょう。まだ取得できていなくても、目指して勉強中であるとアピールすることも可能です。

 

これまでの経験をアピール

部活やサークルでの活動実績、コンテストや大会の入賞経験、留学やアルバイトでの経験などもどんどんアピールしましょう。

「〇〇人の中から選ばれる」「〇度の入賞経験」など、具体的な数字を出すとより刺さりやすいアピールになります。

 

プロフィール写真を用意

プロフィール写真は、履歴書やエントリーシートに使うような、いわゆる証明写真でなくても大丈夫です。趣味や旅行、サークル活動時などの、あなたの人柄が伝わるような写真を用意するといいでしょう。スーツを着用する必要もありません。

 

まとめ

逆求人で内定を獲得するには、まず企業からのオファーをもらうことが大前提です。そのためには、企業の採用担当者が閲覧するプロフィールページの充実に力を注ぐことが大切。逆求人サイトを活用して、実り多い就活につなげましょう!
【dodaキャンパス】新卒向け逆求人・オファー型就活支援サイト

dodaキャンパス

あなたの経験に
「特別オファー」が届く
ベネッセの就活支援サービスを
始めませんか?

大手企業・優良企業はじめ4,000社以上がオファー中!

dodaキャンパス会員登録

大手企業・優良企業はじめ
4,000社以上がオファー中!

関連記事

ページトップへ