企業からのオファーを見逃さない! dodaキャンパス公式アプリ ダウンロード

逆求人のススメ

噂の逆求人とは?新卒の逆求人サイトとオファーがくる自己PRについて解説

2018.12.11

企業選びは難しい、と思っていませんか?じっくり企業選びをしたいものですが、そもそも選ぶという発想が少し古いかもしれません。なぜ古いのかと言うと、現在は「逆求人サイト」というものがあるためです。大学生は、まだ社会で本格的に働いた経験がないため、自分に本当に適した企業を選ぶこと自体、難しいかもしれません。

しかし、逆求人サイトを活用すれば自分の価値観に合った、今まで知らなかった企業と出会える可能性が高まります。ここでは、逆求人サイトの特徴や魅力を解説していきます。

逆求人とは?今までの就活とどう違うの?

 

企業との出会い方がそもそも違い、企業側からオファーが来る

今までの就活では、最初に企業を選ぶ側は学生でした。しかし逆求人では、企業が学生のプロフィールを見て、「この学生は自社に合いそうだ」「ぜひ働いてほしい」と思った学生にオファーを送るという仕組みです。

 

普段気がつかないような企業からもオファーが来る

通常の就活の場合、学生側には十分な経験も情報もないため、もしかすると自分とマッチしない企業に応募していたり、倍率が高い企業しか選べなかったりするかもしれません。結果として就活が思うように進まず、頑張っている割になかなか内定が出ず、就活が暗礁に乗り上げてしまうこともあるでしょう。しかし、逆求人では、普段気がつかないような企業とも出会うことができます。

就活のゴールは、単に有名な企業に入ることではなく、自分に合った企業に入ることではないでしょうか?自分に合った企業は、最終的に自分で決めるものですが、その候補は自分で選ぶことがいいとは限りません。なぜなら、自分のリサーチ力は客観性に欠けることもあるからです。逆求人を利用することで、自分のリサーチ力を補うことができます。

 

逆求人サイトの特徴とは?

 

自己PRをよく考えることで他でも応用できる

逆求人は、企業側からオファーが届く仕組みです。逆求人サイトでは自分のプロフィールを登録できますが、プロフィールの中で企業が最も注目する部分が自己PR欄です。プロフィールを見たときに、一番上に自己PRが来ることが多いですが、自己PRが目を引くものだとその先も読んでもらえるでしょう。一つの自己PRを登録しておけば、複数の企業に読まれます。

自分の強みをよく分析しておけば、どこの企業に就職する際にも応用が利きやすいです。ただし、自分の強みは自分では気づきにくいものです。逆求人サイトの中には、自己分析ツールが導入されているものもあるので、活用してみるといいでしょう。意外な自分の強みが発見できるかもしれません。

 

自分が企業側からどう見られているのか分かる

逆求人サイトでは、作成した自己PRが多くの企業から読まれます。実際にどのくらい読まれたのかという実績がグラフになって表示されるサイトもあるので、企業の反応がわかりやすいです。また、自己PRの良いところをフィードバックしてくれる企業もありますので、自分の書いた自己PRのどこが企業にヒットしているのか把握できることもあります。

 

就活本番の練習になる

逆求人サイトでは、自己PRが洗練されていないとオファーが届きません。自分の魅力や強み、スキルを企業に伝えるために自己PRを何度も練り直して完成度を高めていく過程で、エントリーシートや履歴書の作成スキルが向上するはずです。伝わりやすい文章構造やわかりやすい表現、盛り込むべき要素などのコツが習得できるので、自然と就活本番の練習になります。

 

逆求人サイトを活用する際の自己PR3つの重要ポイント

ここでは、自己PRを作成する際の3つのポイントをご紹介します。

関連記事:
逆求人とは?逆求人の意味や仕組み、利用するメリット

 

最初の掴みが肝心!最も伝えたい強みを最初に書く

前提として、自己PRは「全文は読まれないもの」という意識を持っておきましょう。多忙な採用担当者の立場に立って考えてみれば、全ての学生の自己PRを一言一句、最初から最後まで丁寧に読み込むことは骨の折れる作業です。最初の数行を読んで、「何を言いたいのかわからない」「強みやスキルが見えてこない」という印象を持たれれば、その先は読んでもらえないでしょう。

そのため、自己PRでは結論から書く、ということを徹底してください。具体的には、冒頭で最も伝えたい強みを書くことを意識しましょう。ページを開いた採用担当者の注意を引き、先へ先へと読み進めてもらうことが目的です。

「私の強みは、未知の物事にも果敢に挑戦できる行動力です」

簡潔に、強みだけを伝えることがポイント。また、3つも4つも、複数の強みを同時に伝えようとするのもNGです。最もアピールしたい強みを一つピックアップして、その1つを具体的に書くようにしましょう。

 

具体性がポイント!強みの根拠になるエピソードを詳細に書く

冒頭で強みを簡潔に伝えたら、その強みを補強するエピソードを詳細に書いていきます。エピソードを具体的に語ることで、「なぜその強みが身に付いたのか」という根拠が伝わるからです。ポイントは具体性。強みを身に付けるまでの過程が具体的にイメージできる文章を作成する必要があります。そのためには、以下の要素を盛り込むといいでしょう。

・課題や失敗、挫折経験、それらを乗り越えるために行った努力
・努力の過程で得た学びや気付き、成長

これらを盛り込むことで、強みを身に付けるまでの過程が鮮明にイメージできます。それだけでなく、今後何かしらの課題に直面したときにも、同じような思考・行動でそれを乗り越えられるだろうという期待を、採用担当者に抱いてもらうこともできるでしょう。

 

将来のビジョンを語る

最後に、将来のビジョンを語ることも忘れてはいけません。企業が学生に期待することは、過去の経験よりも将来の可能性。就活では未来にフォーカスすることが大切です。過去の経験は将来性を推し量るための材料ではありますが、そこだけにとらわれず、未来を意識したアピールが大事になります。

・将来、どのようなキャリアを積み重ねたいのか?
・企業でどのようなことにチャレンジしたいのか?
・強みを将来、どのように活かしたいと考えているのか?

表現方法はいくつかありますが、書きやすいのは「強みをどう活かすか」というものではないでしょうか?自己PRの冒頭でアピールした強みをどう活かすのか、という文章で締めると、自己PRが綺麗にまとまるのでおすすめです。

 

まとめ

今回は、逆求人についてご紹介しました。逆求人という就活スタイルは、今までの就活にありがちだった学生と企業とのミスマッチを解消できる可能性があります。自分に合った企業と出会うために、逆求人サイトを活用しましょう!

dodaキャンパス

あなたの経験に
「特別オファー」が届く
ベネッセの就活支援サービスを
始めませんか?

大手企業・優良企業はじめ4,000社以上がオファー中!

dodaキャンパス会員登録

大手企業・優良企業はじめ
4,000社以上がオファー中!

関連記事

ページトップへ